嵐3部作に主演

昼ドラでブレイクした渡辺裕之「実家がなくなるみたい」

2016年02月25日(木) 11時00分
〈週刊女性2016年3月8日号〉
2016年02月25日(木) 11時00分
〈週刊女性2016年3月8日号〉

watanabe0225

 “グランドロマン”と呼ばれ、人気を博した『愛の嵐』『華の嵐』『夏の嵐』の“嵐3部作”に主演した渡辺裕之。30歳のときの第1作『愛の嵐』に、背水の陣で取り組み、ブレイクした。

「役者として鳴かず飛ばずだったので、これでダメだったら、長男なので実家に帰って、カメラ店を継ごうと思っていました」

 スタジオドラマはほぼ初めて。映画の経験はあったが、劇団在籍は1年足らずと短く、演技の基礎を身につけるため独自の方法を音楽に見いだした。

「ジャズでのアンサンブルでダイナミズムや間を作ることは、芝居にも通じる部分がある」

 ジャズドラマーでもあった渡辺は、ドラマの収録と並行しながら週3日、ライブハウスにノーギャラで出演。ハードスケジュールをこなしていた。

「1日3時間ぐらいしか寝てないけど、平気でした。脚本が素晴らしく、プロデューサーも男気のある方で(現場の)雰囲気もよかったです。収録は大変でも、それが心地よかったし、働いている実感があった」

 今では当たり前だが、30年前は珍しかった役作りのために身体を鍛えることも。

「当時は筋肉を鍛えるのは下に見られましたが、顔だけでなく身体でも表現できなければと思って、毎日トレーニングしていました」

 食事は毎朝、ごはん、みそ汁、卵入り納豆と、タンパク質をとるため生卵の白身だけを5個摂取。スタジオにはバーベルを持ち込み、パンプアップ(筋肉を膨らませる)してからランニング姿での薪割りシーンを収録した。

 3部作に共通する、身分の差を乗り越えた激情型恋愛は、主婦だけでなく女子中高生の間でも大人気に。

「学校の昼休みに家に帰って見るので、5時間目に遅刻した生徒がいたと、聞いて驚きました。(3部作は)遅咲きの僕にとって、恵まれた作品で、転機にもなり、宝物です」

 東海テレビの昼ドラには、その後、3作品(『愛と罪と』『新・愛の嵐』『潔子爛漫』)に出演している。

「僕にとっての古巣。(昼ドラが終了するのは)実家がなくなるみたいです」

関連記事

男性
木村佳乃との演技...

高木渉「僕は49歳の“新人”」

2016年02月21日(日) 11時00分
〈週刊女性2016年3月1日号〉
男性
大映ドラマ黄金期...

松村雄基、暴走族に囲まれる

2015年04月11日(土) 11時00分
〈週刊女性4月21日号〉
男性
大映ドラマ裏話

松村雄基、監督に「帰れ!」

2015年04月11日(土) 11時05分
〈週刊女性4月21日号〉
女性
主演大映ドラマを...

杉浦幸、演技がヒドくて号泣

2015年04月12日(日) 16時00分
〈週刊女性4月21日号〉
女性
大映ドラマヒロイ...

伊藤かずえ大映ドラマに違和感

2015年04月10日(金) 16時00分
〈週刊女性4月21日号〉
女性
大映ドラマ裏話

伊藤かずえ、杉浦幸へ恨み節?

2015年04月10日(金) 16時05分
〈週刊女性4月21日号〉

オススメ記事

文化人
Twitterや...

フィフィ指摘ファンとの距離感

2016年05月25日(水) 17時40分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
バレーボール・タ...

フィフィ言及スポーツとお金

2016年05月21日(土) 18時30分
〈週刊女性PRIME〉
男性
第2回『Yes!...

ビアちゃん語る高須院長の凄さ

2016年05月13日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
災害
高須クリニック・...

高須院長が語る被災地支援方法

2016年04月29日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ