続編も制作

志垣太郎、『あかんたれ』好評で大幅延長 最多放送210回に

2016年02月25日(木) 11時00分
〈週刊女性2016年3月8日号〉
2016年02月25日(木) 11時00分
〈週刊女性2016年3月8日号〉

shigaki0225

 16歳で芸能界入りし、19歳のとき芸名を「志垣太郎」に変更、NHK時代劇『男は度胸』や大河ドラマ『新・平家物語』での源義経役で、アイドル的な人気を集めていた。

「主役のイメージに合わない、という人が多かったなかで、花登(筺)先生の一存で決まったんです」

 そんなイメージを払拭する作品が、25歳で出会った『あかんたれ』の主役だった。

 『細うで繁盛記』『どてらい男』で知られる人気脚本家・花登筺の新作。大阪の商家を舞台に、愛人の子・秀松が辛抱を重ねながら奮闘する一代記ドラマは、好評を博し、予定の放送回数を大幅に超え、最多放送回数となる210回に。

「最初は80数本だったのが、話も視聴率もよかったこともあって、延長することになり、いったいいつ終わるのかわからない状態で続いていました。そんなとき、当初予定の後続ドラマが放送延期されることになって、制作関係者が(テレビ局に)抗議する事態が起きて一端、中止することにしたんです」

 不完全な結末もあって、視聴者からは続編を熱望する声が寄せられ、『続・あかんたれ』が放送されて、人気は再燃した。

 そんな中、ドラマと並行して、『あかんたれ』の舞台公演も行うハードスケジュールに。

「収録を終えて、東京公演の夜の部の舞台に上がり、名古屋、大阪公演では東京と行き来して、もう大変でした(笑い)」

 公演パンフレットに、ハンカチがつくほど泣かずにはいられない作品は、女性だけでなく男性にも支持された。

「主人公の商売に対するひたむきさに、中小企業の社長さんやタクシー運転手の方が共感してくれたようです。昼時になると、テレビのある食堂がいっぱいになったと聞きました」

 ドラマが終わって40年近くなるが、国内での再放送や海外でも放送され、長く愛された作品と実感する。

「(続編と合わせて)365本放送された作品に主演できたというのは誇りに思います。アイドル路線から役者としてのイメージが変わり、僕にとっては記念碑のような作品です」

関連記事

テレビ
社会現象に

大河内奈々子ボタバラの思い出

2016年02月24日(水) 11時00分
〈週刊女性2016年3月8日号〉
女性
大河ドラマ『真田...

黒木華「実は歴史が苦手」

2016年02月14日(日) 16時00分
〈週刊女性2016年2月23日号〉
ドラマ裏話
大河ドラマ『真田...

草刈正雄「丹波さんの気配感じる...

2016年02月14日(日) 05時00分
〈週刊女性2016年2月23日号〉
ドラマ裏話
大河ドラマ『真田...

草刈正雄「抱きつかれてびっくり...

2016年02月14日(日) 11時00分
〈週刊女性2016年2月23日号〉
ドラマ裏話
大河『真田丸』出...

草刈正雄、時代劇を諦めていた

2016年01月24日(日) 16時00分
〈週刊女性2016年2月2日号〉
男性
『真田丸』で主演

堺 三谷からのリクエストなし

2016年01月10日(日) 11時00分
〈週刊女性1月19日号〉

オススメ記事

文化人
Twitterや...

フィフィ指摘ファンとの距離感

2016年05月25日(水) 17時40分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
バレーボール・タ...

フィフィ言及スポーツとお金

2016年05月21日(土) 18時30分
〈週刊女性PRIME〉
男性
第2回『Yes!...

ビアちゃん語る高須院長の凄さ

2016年05月13日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
災害
高須クリニック・...

高須院長が語る被災地支援方法

2016年04月29日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ