見た目年齢を大きく左右するのが“ほうれい線”。メイクブラシを手に化粧品を使って目立たなくすることはできても、それは一時しのぎのもの。でも、ブラシの使い方次第で、お悩みを根本から解決できるんです!

たくさんのリガメントが表情筋を支えている

 小鼻の横から口元にかけてすーっと刻まれるだけで、見た目年齢がグンと老けてしまう“ほうれい線”。年齢にかかわらず、骨格や顔立ちによって若いころから悩んでいる方も少なくありません。

「モデルさんや女優さんに、ほうれい線をカバーするメイクを施しながらも、もっと根本的にほうれい線を目立たなくすることはできないだろうかと日々、自分なりに研究をしてきました」

 と語るのは、ヘアメイクアップアーティストの新見千晶さん。

 ご自身も若いころからほうれい線に悩んでいたそうで、これまで「ほうれい線に効く!」というさまざまな方法を試してきたとか。そんななか“頬のとあるポイントを自分なりの方法でほぐすと、ほうれい線がパッと薄くなる”ということを発見!

「専門家に尋ねたところ、そのポイントとは“リガメント”と呼ばれる部分。この“リガメント”がこり固まって弾力が低下すると、頬がたるみ、ほうれい線が深くなるのです」

 初めて耳にする方も多いであろう“リガメント”とは!?

リガメントは、皮膚と筋肉と骨をつなぐ貝柱のような組織のこと。目では見えませんし、指で触っても手ごたえを感じることはできませんが、実はコツさえつかめばとっても簡単に自分のリガメントを見つけることができるんです」

 ほうれい線にかかわる頬のリガメント以外にも、顔にはたくさんのリガメントがあり、顔の筋肉(=表情筋)を支えています。表情筋をほぐすとリガメントも一緒にほぐれるので、ふだんから顔のこりをほぐしておきましょう。

【顔の主なリガメント】眉(まぶたを支える。目元に影響)、こめかみ(目元や頬などを支える。顔の上半分、ほうれい線にも影響)、目の下の骨のライン(下まぶたを支える)、頬(頬を支える。ほうれい線の深さに影響)、口元(口角が下がるなど、口元のたるみにつながる)、耳下のエラ(フェイスラインのたるみにつながる)、下あご(口元や口角からあごにかけてのマリオネットラインに影響)など

 今回、新見さんが教えてくれるのは、リガメントの見つけ方とほぐし方。なんと、メイクブラシを使うのだそう!

「リガメントを見つけたら、お手持ちのメイクブラシの柄の部分を使って優しくほぐしましょう。指でほぐすよりも断然効率よく、ピンポイントでほぐすことができるんです。あっという間にほうれい線が浅く、目立たなくなります!」

 さらに、ほうれい線には乾燥やリンパの流れが滞ることによるむくみも大きく影響するのだとか。

「肌の乾燥によって、ほうれい線部分に小ジワができたり、むくみによって頬が厚ぼったくなっていると、さらにほうれい線が目立ってしまいます。しっかり保湿しながら、メイク前にできる簡単な体操を行うことで、ほうれい線の予防はもちろん、顔がすっきり若々しくなり、メイクののりもアップ。たった5分でできるので、ぜひ取り入れてみてください