北村匠海 撮影/佐藤靖彦

「あまり年相応に見られないんです。一緒に遊ぶのも年上の人が多くて、ご飯を食べに行っても“お前、まだ19歳かよ”って言われたり(笑)。写真を撮ることや絵を描くこと、何かを作る作業が好きなので、スタイリストさんやカメラマンさんとか、そういう人たちと話す時間が、今はすごく楽しいです」

 小学校3年生でスカウトされたことをきっかけに、芸能界デビュー。いちばん最初の仕事は車のCMで、当時のことを「わけもわからないまま始まって終わった」と振り返る北村匠海(19)が、7月28日に全国公開される『君の膵臓をたべたい』で映画初主演を飾る。

 これまでの出演作は映画、ドラマそれぞれ10本以上。役者のほかにも、5人組ボーイズバンド『DISH//』のリーダーとして、メインボーカルとギターを担当。

「実は、中学生のころに仕事をやめようかなと思った瞬間がありました。でもそこで、自分が“やめない”という選択をしたからこそ今があって、この作品に出会えたんだと思っています」

 正直な胸の内を話してくれた彼が、仕事を続けたいと思った転機は、

「ドラマ『鈴木先生』(2011年)で、同年代のみんな(土屋太鳳や松岡茉優など)とお芝居をしたことがすごく大きかったです。そこで共演したみんなとは、今でも連絡をとってますが、また現場で会いたいなって思うようになって。この仕事一本で頑張っていこうと気持ちが固まったのは、ここ2年くらいです」

 北村が演じた“僕”は、他人に興味がなく、いつも本を読んでいるクラスいち地味な図書委員。

「殻にこもってひとりの世界で生きていた中学時代の僕自身と、重なる部分が多くて演じやすかったです。逆に“これ自分じゃん”って共感ができすぎて(笑)、好きになるのが難しいほどでした」

北村匠海 撮影/佐藤靖彦

 クラスの人気者・山内桜良(浜辺美波)が患う膵臓の病気を、ひょんなことをきっかけに知ってしまった“僕”。家族以外で病気の事実を知る唯一の人物として、秘密を共有するうちに、桜良と過ごす時間が増えていく。

「よくしゃべって引っ張っていってくれるような子なんです、桜良は。僕は結構メンタルが強いほうではないので、そういう女の子のほうがいいですね。

 ただ、グイグイ来られすぎるのも引いちゃうので、そこのさじ加減は大切かな、って……(笑)」