「しばらくしたら岡本クンが“オレ帰る”ってひとりで出て行ったんですが、すぐに彼からLINEで“一緒に来る?”と連絡があったんです。今思えば、断りやすいようにLINEで誘ってくれたのかなって。結局、私は彼を追って店を出たんですけどね(笑)」

 LINEで誘うというスマートな手口に、Aさんもオチてしまったよう。すでに辺りは明るくなっており、タクシーで岡本の家に向かった。

彼の家は、見た目は古くなったアパートか集合住宅のようなところでした。しかも、エアコンが壊れていて、めちゃくちゃ暑かったです」 

 部屋に上がってしばらくは一緒にテレビを見ていたが、

「“横になろっか”みたいな感じでベッドに。時間的にはけっこう長いあいだ愛し合っていたんですが、いつの間にか気づかないうちに、彼が眠ってしまっていました」

 そのまま2人は寝てしまったのだが、目覚めるともう1度、愛し合ったという。

Aさんの隣で気持ちよさそうに眠る岡本。当時は、同じ敷地内に家族も住んでいたという

岡本クンは会ってから別れるまで、終始ずっと優しかったです。行為が終わってのどがすごく渇いていたので、冷蔵庫に入っていた高価そうなフルーツジュースを勝手に飲んじゃいました(笑)

 帰宅の際には、Aさんをしっかり玄関までエスコートした岡本。その後の関係が気になるところだけど─。

「もう1度、会おうとはなったんですけど、結果的にスルーされてしまいました。おそらくズルズルいくようなタイプではないんでしょうね」

 実は、このワンナイトラブをした1年前の'13年8月、岡本は初『フライデー』されていた。

「当時、NHK朝ドラでブレイクした若手女優とのラブラブ写真が流出したんです。双方の事務所が交際を否定しましたが、どうやらそのまま自然消滅したみたいなんです。以降、彼は決まった相手はいないようですよ」(芸能レポーター)

 破局ショックは、恋愛にも学業にも響いた!?