飯田容疑者が迷子として連れてこられた交番

「母校の教師が覚せい剤で逮捕されるのは前代未聞。ちょうど高校のOBが集まった日にニュースで流れとったんじゃけん、ホントに情けのうてのぉ」

 と、高校の近所の70代OBは嘆く。

 夏休みもそろそろ終わりに近づいた8月18日の午後8時30分ごろ、広島県立竹原高校(竹原市)の教師・飯田一明容疑者(45)は、同県福山市の自宅から徒歩30分ほどの住宅街で道に迷っていた。覚せい剤を打っていたため、ラリってしまったのである。

 たまたま通りかかった地域ボランティアの防犯パトロールに声をかけられ、

「自宅がわからなくなってしまった」

 と答えた。

 足元がフラつき、目も泳いでいたため、パトロールのメンバーはてっきり酒に酔っているのだと勘違いし、最寄りの県警福山東署管内の吉津交番まで付き添っていった。

 飯田容疑者は交番でも同様の説明をしたが、警察官は覚せい剤特有の症状を見逃さなかった。所持していたバッグの中を調べてみると、注射器と、覚せい剤を入れていたとみられるプラスチックケースを発見。福山東署に連行した。

 東署ではさっそく尿検査が行われ、しばらくすると陽性反応が見られた。

 観念した飯田容疑者は、

「覚せい剤を使用したことは間違いありません。8月中旬から大阪府へ研修で行っていて、大阪と広島で打ちました」

 と素直に認めたという。

「よって8月19日午前2時30分ごろ、覚せい剤取締法違反(使用)の容疑で署内で逮捕しました。翌20日には検察に送致しています」(福山東署)

 おそらく、ベテラン教諭の容疑者は、教壇の上から生徒たちに、

「夏休みだからといって、ハメをはずすんじゃないぞ」

 と注意したことだろう。ところがどっこい、ハメをはずしすぎて自爆してしまったのは、ほかでもない先生のほうであった。

 飯田容疑者の自宅から電車で約1時間15分(車で約1時間30分)と離れている勤務先の竹原高校。逮捕当時、夏休み中だった同校は対応に追われ、8月20日に全校生徒と保護者を集めて緊急説明会を開いた。容疑者が受け持つクラスの生徒、その保護者、それ以外の全校生徒、その保護者に分けて計4回も行っている。