男児が救急搬送される瞬間。へその緒を持ってついていく隊員も(写真は近くの住民提供)

最初は猫の鳴き声だと思った

「妊娠したことを誰にも言えませんでした。殺すつもりはありませんでしたが、捨てて土をかけたことは殺すのと同じだと思います」

 と逮捕された母親は罪を認めているという。

 生後間もない男児を殺害しようとしたとして警視庁東村山署捜査本部は8月23日、母親で運送会社の深夜ドライバー・小松志保容疑者(35)を殺人未遂容疑で逮捕した。

 警視庁によると、小松容疑者は8月3日ごろ、東京・東村山市の空堀川岸の地面を掘り、出産した男児をあお向けに寝かせ、土をかけて窒息死させようとした疑い。赤ちゃんの泣き声に気づいた現場近くの住民による迅速な対応のおかげで一命をとりとめた。

 全国紙社会部記者は、

「当初、小松容疑者は8月2日未明、配送先の埼玉県の会社のトイレでひとりで出産し同日午前9時半ごろ遺棄したと報じられた。119番通報は翌3日午前9時20分すぎなので24時間、土中に埋められていた計算になる」と話す。

 事実ならば、助かったのは“奇跡”に近い確率だろう。

 119番通報した元東村山市議・保延務さん(76)は、

「最初はネコの鳴き声だと思ったんですよ」

 と、その朝を振り返る。

 8月3日午前9時20分ごろ、川沿いの保延さん宅インターホンのチャイムが鳴った。

「川から赤ちゃんの泣き声がする。怖いから見てほしい」

 と近隣宅の50代女性。