井浦新 撮影/廣瀬靖士

「どこにいても居心地の悪さはまったく感じないですね。むしろ居心地の悪いところに飛び込んでいきたいタイプ。そういう場こそ、力をつけさせてもらえるという発想なんで」

 大学在学中にスカウトされ、モデルとしてデビュー。その後、映画『ワンダフルライフ』でいきなり主演を務め、唯一無二の存在としてメジャー作品からメッセージ性の強い作品まで引っ張りダコの井浦新(43)。最新作である主演映画『光』では、東京の離島で閉塞感を感じながら日々を過ごしていた少年の25年後を演じている。

役者志望でこの世界に入ってきたわけではなかったので、最初は演技の仕事は記念のつもりぐらいでやっていたんです。だから俳優という立場に自分の気持ちが追いつけなかったという意味では、閉塞感に近いものはありました。

 始めたばかりのころは、芸能という仕事を知らなすぎて違和感があったというか。例えば、作品を撮り終わったあとに、こうして宣伝活動をするということも想像もつかなかったですし。もちろん作品に出させていただいた喜びや感動もあったけど、自分の居場所はここではないんじゃないかな、って思った時期もありました

 是枝裕和や蜷川幸雄など、そうそうたるクリエイターたちと仕事をすることで、役者としてもポジションを確立。そんな彼が、役者として愛してやまないと語り、共演を熱望していた瑛太と念願の初共演!

瑛太くんは自分がイメージしていた以上に表現力のある役者でした。まだまだ演技の幅の広さや底知れなさを感じました。今回はお互いが本能のままに演じ、キャッチボールができたのもうれしかった。本能のままに演じるというのは、もろくて壊れやすい側面もあるので、危険な行為だと思うんです。でも、お互いが直感のままに感じたことをやり、作品として成立できたことは感動ですね。またどこかで一緒に仕事をしたいなって欲も湧いたけど、この“強烈な一発”を残せたことに喜びを感じています

’11年、芸名をARATAから本名に改名して再出発

 今回演じた信之は、島を襲った大津波がキッカケで再出発をすることになるが、彼自身も芸名をARATAから本名の井浦新に改名。’11年に再出発をした過去が。

いつでもアルファベット(ARATA)に戻してもいいし。名前に関してはまったくこだわりはないです

 そう言いつつも名前を変えたのは、恩師のような存在だと語る故・若松孝二さんが監督を務めた映画『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』で三島由紀夫役を演じたことがキッカケ。《エンドロールで三島さんを演じた役者の名前がアルファベットで表記されるのは美しくないと思いました》とインタビューで語っている。

「若松監督の作品への思いに敬意を表すために、名前を変えさせてもらいました。いまだに“井浦さん”って言われるほうが気恥ずかしいし、慣れない。今回の現場でも瑛太くんにそう呼ばれて、“恥ずかしいからやめてください”って言ったほど」