ドラマ『陸王』に出演中の、左から竹内涼真、役所広司、和田正人

戦ったのは“天気”

 ドラマの制作中、スタッフが気にしているのが天気。特に今年の秋は雨が多かったため、撮影現場ではモロに影響が出ていたようで……。

「10月はとにかく天気に悩まされていましたね。10月22日に大規模な大会のシーンを撮ろうと5000人近いエキストラを集めたのですが、残念ながら雨で中止に。

 その分を27日と29日に振り替えたのですが、27日は平日だったので思うように人も集まらず……。天気予報を見ながら毎日ヒヤヒヤしていました」(制作会社関係者)

「集められたエキストラも、悪天候で帰されることがたびたびありました。遠方からの参加者はがっかりしていましたね」(エキストラに参加した女性)

 天気だけはコントロールできないので、スケジュールの調整には苦労も多いのだそう。

最年長者の優しさ

 長期のドラマ撮影を乗り切るには、出演者同士の信頼関係が大事になってくる。

「陸上シーンの撮影では、選手役最年長の和田正人さんがムードメーカーなんです。現場の士気を上げてくれていますね」(TBS関係者)

 和田演じる平瀬は陸上部のアニキ分。現場でも中心となり、こんな和気あいあいなエピソードも。

「ドラマには、実際に実業団に所属している外国人選手が出演しているのですが、彼はまだ日本に来たばかりで日本語が片言。休憩中は和田さんや竹内涼真さんが中心になって日本語を教えてあげていますよ。

 “なんでやねん”という関西弁のツッコミやジブリの歌など、ふだんはあまり使わない日本語が多いんですけどね(笑)」(同・TBS関係者)