舞台で輝きを放ち、生で会える(見られる)俳優が本当に仲のいい俳優を指名してトークする「生で会えるイケメンリレー対談」、通称“生イケ対談”連載。

 第24回は鳥越裕貴さんが有澤樟太郎さんを指名! 『週刊女性』本誌(2017年12月26日号)のスペシャル対談の続きを、たっぷりお楽しみください。

左から有澤樟太郎、鳥越裕貴 撮影/森田晃博

新撰組の刀みたいに個性がバラバラだけど、チーム力は高かったと思う

――ミュージカル『刀剣乱舞』~幕末天狼傳~のキャストはどんな雰囲気のチームだったんですか?

鳥越 ホントに新撰組の刀みたいに個性がバラバラで。もう、ようこれで公演できたなっていうぐらい(笑)。

有澤 そういうメンバーをトリさんとか(郷本)直也さんがまとめてくれて。バラバラだけど、それが固まるとうまくいく。

鳥越 なんかうまいことなってたね。おのおのの個性はバラバラやけど、単純に作品を面白くしたい、ちゃんと役を生きたいっていう思いが一緒やったから、うまくまとまったんかなって。熱い話やったしね。

有澤 チームになるとダンスも歌も芝居も殺陣も、みんな黙々とやってましたね。ホントにチーム力は高かったなって思います。助け合ったり。

鳥越 けなし合ったり(笑)。稽古中も地方でもご飯はよく行ってたね。

有澤 そうですね。僕、すごく印象に残ってるのが、厳島での公演。本公演中だったらかけっこう過酷でしたよね。

鳥越 あれはめっちゃ過酷やった。

有澤 初めての『刀ミュ』~阿津賀志山異聞~のメンバーとの共演だったから、僕が足を引っ張ってしまうんじゃないかっていう不安な気持ちもあって。僕と(高橋)健介くんはダンスで怒られたりしてたんで(苦笑)。でもトリさんが「樟太郎、そんな落ち込むことないからな」って励ましてくれて。阿津賀志の曲やダンスの振りを僕が覚えるまで、みんなで付き合ってくれて。

鳥越 阿津賀志には絶対負けへんぞ、笑いは絶対とるぞ! と思いながら(笑)。

有澤 アハハハハ!

鳥越 でも、厳島神社での公演はすごい経験やったね。

有澤 すごかったですね。