舞台で輝きを放ち、生で会える(見られる)俳優が本当に仲のいい俳優を指名してトークする「生で会えるイケメンリレー対談」、通称“生イケ対談”連載。

 第25回は有澤樟太郎さんが多和田秀弥さんを指名! 『週刊女性』本誌(2018年1月16・23日合併号)のスペシャル対談の続きを、たっぷりお楽しみください。

左から有澤樟太郎、多和田秀弥 撮影/森田晃博

ディズニーランドで買った犬の耳をつけたまま電車に乗って

――『週刊女性』本誌の対談で、有澤さんの誕生日付近におふたりでディズニーランドデートに行ったことを明かしてくれましたが(笑)、どんな感じだったんですか?

多和田 アトラクションにガンガン乗ったね。僕、パレードよりアトラクションを楽しむタイプやから、“しょーちゃんがパレードをしっかり見たいって言ったらどうしよう。でもそこは年上やから合わせよう”と思ってたんですけど。同じ感じだったから、よかった~って(笑)。

有澤 アハハハハハ! あとスマホのパナロマ?

多和田 パノラマだよ(笑)。こういうところ天然なんですよ。

有澤 (笑)。パノラマ撮影面白かったですよね。

多和田 1人が同じ画面にいっぱいおれるみたいなアプリがあって。

有澤 秀弥くんはそういう楽しいことをいろいろ提案してくれるんですよ。だから学生気分になってましたね。

――アトラクションは何に乗ったんですか?

多和田 一番最初に乗ったのが、まさかの……。

有澤 カリブの海賊。

多和田 いや、それから? みたいな(笑)。

有澤 あれが大好きなんですよ~。ランドは久しぶりだったから乗りたくて。

多和田 でも待ち時間5分やったから、すぐ乗れたしな(笑)。

有澤 で、最後にスペースマウンテンに乗って。でも僕ら背が高いんで、頭がぶつかりそうで、ずっと頭を低くしてました(笑)。

多和田 暗いけど鉄柱みたいなのが見えるんで、頭に当たって首飛びそう! みたいな恐怖感があって。みんな両手上げてるのに「ああ~ぶつかる~」って(笑)。

有澤 ふたりだけ(笑)。

多和田 あと、頭につけるやつを最後に買ったのはミスったなと思って。

有澤 だいたい最初に買うのにね(笑)。