寺岡呼人 撮影/佐藤靖彦

 JUN SKY WALKER(S)がデビュー30周年を迎える今年、ベースの寺岡呼人(50)はソロアーティストとしてデビュー25周年を迎える。肩書は、それだけではない。ゆずやK、藤木直人、八代亜紀などを手がけるプロデューサーであり、ミスターチルドレンらに楽曲も提供。まさに音楽シーンを自由自在に泳ぎ続けている。

ジュンスカ内ではいちばん意見を言わない存在だった

 ジュンスカの最新カバーアルバム『BADAS(S)』の選曲時、若い世代の曲も入れるべきだと提案したのが寺岡だったそう。

「もちろん、自分たちが通ってきた世代のものだけでも十分可能というか、意味があるんだろうけれど、世代を越えたもっと下のアーティストの曲もやったほうがいいんじゃないかと思ったんです。どうせやるなら、そのほうが面白いかなと。案が“通らない前提”で新しいものをあげました。結果、採用されたので、言ってみるもんだなぁと(笑)

 いまでこそ、名プロデューサーとして数々の作品を世に生み出しているが、ジュンスカ脱退後、プロデュースを手がけるようになる前から積極的にアイデアを出すほうだったんだろうか。

「いや、まったく。全然です。ジュンスカ内の順列を階級制度にたとえると、いちばん下の層にいたので。というのは冗談ですけど(笑)。いちばん、意見を言わない、言えないくらいの存在でした。というのは、もともと彼らは弟の学校の先輩。広島から上京して、金魚の糞みたいにメンバーについて回っていたのが僕。それでメンバーになれたんです」

 いっぽうで、ジュンスカのオフ期間中に、当時、プライベートでもよく釣りをして遊んでいたという、ユニコーンの奥田民生とライブユニット“寺田”を組んだり、デビュー前の桜井和寿(ミスターチルドレン)も参加していた『寺岡呼人&ヒズフレンズ~かわいい子には旅をさせろツアー~』を行うなど、早い段階から音楽仲間とのコラボレーションを楽しんでいた。