植田圭輔 撮影/森田晃博

 畠中恵原作の大人気時代小説『しゃばけ』シリーズ15周年を記念して、’17 年に第1作が上演され、世界観を歌とダンスで見事に表現し話題を集めたミュージカル『しゃばけ』。その第3弾が、4月から上演される。主人公の一太郎は、引き続き病弱な若だんなを好演した植田圭輔さんが演じる。昨年も11本の舞台に出演した売れっ子に、作品の魅力やデビュー11年目を迎えた’18 年の抱負などを聞いた。

今年は久しぶりに5日間の正月休みをもらいました。もっと頑張るからって(笑)。休み中には『王室教師ハイネ』のメインキャスト(安里勇哉、安達勇人、廣瀬大介、蒼井翔太)全員そろって、茨城に日帰り旅行に行きました。いばらき大使の勇人の案内で茨城をひたすら巡って。初詣行って、温泉行って、あんこう鍋食べて。めちゃくちゃ最高でしたね。あとは中村誠治郎さんといました(笑)。誠治郎さんとは、僕のデビュー舞台『少年陰陽師〈歌絵巻〉』から10年来の付き合いで、もう家族って感じなので

今の時代にないものが
すごく詰まってる

 友人の中村誠治郎さんも出演する主演ミュージカル『しゃばけ』は、自分が演じる意味をすごく感じた作品だと言う。

原作を読んだ第一印象が、すごくあったかいというかほっこりというか。メッセージを読者にあんまり強く訴えかけていない感じが、ナチュラルだなって思って。普段、2.5次元と言われる舞台作品に多く出演させていただいているからこそ、時代ものの『しゃばけ』はすごくやりがいがあるなと思ってるんです。

 基本的に一太郎と妖(あやかし)たちの話ですけど、その妖たちの一太郎を思ってる気持ちに人情がすごくあって。今の時代に失いつつあるものがすごく詰まっている感じがして。長く続いてほしいなと思っている作品ですね

 一太郎の魅力とは?

「一太郎お坊ちゃんは、利発で心根の優しい芯の強い人。でも、身体が弱いから周りが過保護になってしまう。それでも強くなりたいと思っている気持ちが青年らしいなって」