はなわ 撮影/伊藤和幸

 ベースを弾きながらの漫談や自作曲などのネタで人気の芸人はなわさんが、このたび私小説『お義父さん』を上梓(じょうし)。小説初挑戦というはなわさんが執筆するきっかけとなったのは、奥様の父親のことを歌った曲『お義父さん』のヒットでした。

これはもう自分たちだけの歌じゃない

もともと嫁の誕生会で歌うために作った曲なんですけど、それをライブでやったら“いい曲だね”と言われたんです。それで動画をユーチューブにのせたら、20日間で100万回も再生されたんですよ。そのときに“お義父さんをテーマにして、小説を書きませんか”とお話をいただいたんです。でも僕は小説を書いたことがないし、厳しいかなと思って、1回考えさせてくださいと言って、返事をしないままになってたんです」

 その後『お義父さん』はCD化されて話題となり、曲を聴いた方から手紙が届いたり、ブログにコメントが書き込まれるなど大きな反響があったことから、返事をしないままにしていた小説執筆について真剣に考え直したのだそうです。

これはもう自分たちだけの歌じゃないね、と嫁と話していたら、せっかく小説を書くチャンスをいただいたんだから、やってみたらと言われ、書いてみようと

 本書は埼玉県春日部市で生まれ、その後、千葉県我孫子市に移り住んだはなわさんが、小学6年生で佐賀県佐賀市鍋島町へと引っ越すところから始まります。やがて中学生になったはなわさんは、同じ中学の先輩にひと目惚れ。それが現在の奥様で、運命の出会いとなるのです!

 その奥様、実は生まれてすぐにお父様が家を出ていってしまい、母と姉の3人暮らし。もちろん、はなわさんも会ったことがなかったそうで、「こんな素敵な女性をお嫁さんにくれて、お義父さんありがとう」という気持ちを伝えたい、と作った曲が『お義父さん』です。はなわさんは結婚15周年&奥様の誕生日プレゼントにしようと作曲を始めますが、作業は難航します。

「嫁の誕生日に間に合わせたいと思っていたんですけど、なかなかできなくて。普通こうなると諦(あきら)めることが多いんですけど、どうしてもこの曲は書きたい、と」