疑いつつも占い師にメッセージを送った池田さん(仮名)

 悪徳占いサイトが詐欺まがいの行為で被害を広げている。

 藁にもすがる思いで占ってもらいたいという利用者が、占いサイト内で、占い師とメールのやりとりをする。たいていの場合は、最初は無料。そのうち必ずポイントが必要になり、1ポイント10~100円程度で購入させ、使わせる仕組みだ。

500万円以上つぎ込んだ人も

 1回のやりとりは1500円程度に設定されているサイトが多く、利用者は少しずつつぎ込み、気づいたときには莫大な金額になっているという被害が後を絶たない。

 国民生活センターに寄せられた占いサイトに関する相談件数は、2016年の1年間で約1500件。2009年4月~'18年1月中旬までの相談者で、

「つぎ込んだ金額が100万円以上の人が640人いました。500万円以上と答えた人も131人いました」

 と同センターの担当者。'14年9月には、兵庫県神戸市の50代の女性が、占いサイトに2年間にわたり約840万円振り込むという被害に遭った。

「占い師自体、資格が必要なわけでもなく、誰でもなれます。占いサイトの中には、ライターを募集しているところもあります」と前出・国民生活センターの担当者。

 まりサイト業者に雇われた「サクラ」が、占い師になりすまし、消費者の気持ちにつけ込み有料サービスを利用させ、多額の金銭被害を負わせる、いわゆる「サクラサイト」のような手法をとる悪徳占いサイトもある。

 東海地方在住の60代の主婦、池田明子さん(仮名)は、まんまと占いサイトに引きずりこまれてしまった。

「サイトの広告に無料と書いてあったので、登録してみました。昨年12月です。仕事もうまくいかず、家族関係もあまりよくなかったので金運、健康運と人付き合いに関して占ってもらいました」