45歳から顕微授精などの不妊治療にトライし、昨年8月、次男を出産した加藤貴子 撮影/山田智絵 

「どうしてもっと早く取り組まなかったのか……。後悔と焦りからのスタートでした」

 そう語るのは、44歳で初産、46歳10か月で第2子を出産した女優の加藤貴子。高齢で妊活に挑む人たちの希望の星ともいえる存在だが、その内情は決して“成功物語”といえるものではなかった。

妊娠するも、3度の流産に見舞われる

「私が不妊治療を始めたのは42歳のとき。30代のころからタイミング法を試みて自然に授かるのを待っていたのですが、できなくて。ある人の紹介で不妊クリニックを訪れたとき、37歳を過ぎると卵子の老化が加速するという厳しい現実を初めて知って。

 生理があれば、そのうち子どもはできると思っていた自分の無知を悔やみました。しかも、4歳上の夫の精子の数が少なくて運動率が低いことも検査をして発覚したのです

 待ったなしの不妊治療が始まった。卵子に顕微鏡で確認しながら精子を直接注入する顕微授精を試みると同時に“1日45分間、歩く”“午後11時までに就寝して7時間は寝る”など生活習慣を改善して自然妊娠も狙った。

「治療を始めて4か月目で妊娠。でもある日、赤ちゃんの心拍が止まって……」

 その後も2回の流産を経験。

「自責の念と悲しみで、声をあげて泣きました」

 4度目の妊娠で、無事に生まれた赤ちゃんを抱いたときの喜びはひとしおだった。

「喜びはみなさんと同じです。ただ、私は不妊治療の時間も含めて命を育んでいた感覚なので、育み期間が長い分、今まで一体だった赤ちゃんと離れてしまう寂しさもありました」

 そして、高齢出産は“産んだあともしんどい”という。

「母乳は少ししか出ないし。ずっと抱っこを続けていたら腱鞘炎になるし、続いてぎっくり腰にもなるし……。産んでからも病院のお世話になりっぱなしでした」