記者が注文したポテチのページ。現在、このサイトへアクセスすることはできない

 つまみに何を食べるか悩むけど、仕事後の1杯がとにかく楽しみ! 最近、風水にはまり玄関の盛り塩を始めた30代の干物系女性記者が、怪しいショッピングサイトに突撃!

「具体的な商品名やキーワードで検索すると悪質なショッピングサイトに引っかかることがある」(警察庁生活安全局担当者)

 とのことだったので、つまみになりそうな乾き物・菓子の商品名でひたすら検索すると、かなり危険なにおいのするサイトを発見。お菓子がとにかく安い。

 スナック菓子のほか地方の銘菓「白い恋人」「ちんすこう」、海外のチョコレートや和菓子、洋菓子まで何でもそろっている。手に入りにくいような限定商品も多く、まあ怪しい雰囲気は十分だろう。

悪質サイトとのやりとりメール

 万が一、悪質サイトに見える優良激安サイトである可能性も考えて、ここは大好物の「湖池屋スティックポテト1袋(40グラム)×96袋」を注文することに。

 メーカーの希望小売価格は1袋あたり90円前後。サイト内の定価8489円のところを、5942円で売る絶妙な割引率。でも、96袋もあったら晩酌のお供には当分困らないし、これはお買い得なんじゃないかと、パソコンの前であれこれ考えているうちにヤバいサイトだということを忘れそうになった。

 3月27日夕、メールアドレスなど必要な個人情報をこわごわ入力し、『ご注文手続きへ』のボタンをポチッと。画面に「ご注文の手続きが完了しました」の文字が表示された。

口座名義は個人名、それも外国人名だった

 たいていの大手サイトなら1~2分以内に注文した商品や支払いに関するメールが届くが、注文から丸1日以上たってから振込口座を案内するメールが。