二宮の自宅を出入りする伊藤綾子

 嵐の二宮和也と元フリーアナウンサー・伊藤綾子の熱愛がジャニーズファンをざわつかせている。

 『女性セブン』が、二宮のマンションに連泊する伊藤の姿をキャッチしたのは'16年7月。その後、破局したという噂も出たが、同誌は今年4月26日号で再び二人のデート現場をキャッチした。まぎれもなく交際は続いていたようなのだ。

 伊藤が二宮より3歳年上ではあるが、独身の二人が交際することは何も咎められることではないのだが、熱烈な二宮ファンにとっては看過できないのだろう。SNSの書き込みなどを見ていてもファンの悲鳴だらけだ。

 そんな中、二人のデートを報じた号の翌週の同誌(5月3日号)には冒頭のカラーページで二宮のインタビュー記事が登場している。

 「えっ⁉」

 と思った人はかなり週刊誌通だと言える。

スキャンダル後にインタビュー記事掲載の不思議

 芸能人や著名人のスキャンダルを扱う週刊誌にも、実は“タブー”が存在する。

よく言われるのは“作家タブー”です。大手の出版社は週刊誌だけでなくいろいろな書籍を発行しています。

 その中には小説やマンガもあり、作家先生は会社にとって大切な人たちです。その人たちのスキャンダルは基本的には扱いません。またタレントの写真集やカレンダーなども作りますから、その人たちのネガティブな記事は掲載しないのは当然のことです」(週刊誌記者)

 また、

「週刊誌と芸能事務所との関係性も絡んできますが、昔と違い、ベッタリと言うよりも今は持ちつ持たれつの関係が多いですね。所属タレントのスキャンダルも扱えば、ヨイショ記事や宣伝記事もやるという具合に」(前出・週刊誌記者)

 だが、次号でカラーページでのインタビュー記事を組んでいるタレントのスキャンダルを前号で扱うことがあるのだろうか?