吉沢亮 撮影/高梨俊浩

「僕、100%の確信がないと女の子にアタックできないんです。弱いんですよ、そういうところ(笑)」

 そう言って、はにかみながら照れ笑いを浮かべるのは近年、役者としてメキメキと頭角を現してきた俳優・吉沢亮(24)。

 整った顔立ちに透き通った肌。“美形男子”はどんなモテ伝説を持っているのかと思いきや、

確かに、中学時代は死ぬほどモテました! クラスの3分の1から告白されたんです。でも高校に入って一転。人見知りを発症してしまって、女子にモテるモテない以前に人とあまり話した記憶がありません(笑)」

 と、意外な一面をのぞかせる。

 ここ数年、彼の活躍はすさまじく、昨年は『銀魂』をはじめ5本の映画に出演、2018年に公開される出演映画はなんと7本にも上るというから驚きだ。

「3年くらい前は、毎クールのようにドラマに出させてもらっていました。もちろん楽しいんですけど、とにかく時間がなくて、流れ作業みたいに消化していくしかないのがすごくもったいない気がして。それで、“映画でじっくりとお芝居がしたい”とマネージャーさんに相談したんです

 それからというものの、コメディーからシリアスなものまで多ジャンルに挑み、幅広い役柄を演じてはインパクトを残してきた。

これまでやってきたことが、今年に入ってようやく形になってきました。今後もいろんな役、作品にどんどん挑戦していきたい。同じ役ばかりだとつまらないし、見ている人を飽きさせてしまう。主演も張れれば脇でもちゃんと存在感がある、そんな役者でいたいです」