唐田えりか   撮影/坂本利幸

「これまで海外というと韓国にしか行ったことがないのですごく楽しみです。とりあえずフランスパンを食べたいです。事務所の社長が“フランスのフランスパンは本当に美味しかった”と言っていて。あと、長いのを持って歩いてたら、めっちゃカッコいいですよね(笑)。フランスでフランスパン持って、写真を撮りたいです!

 透明感がすごい!と話題の新人女優・唐田えりか(20)が、東出昌大とともにメインキャストをつとめる映画『寝ても覚めても』をひっさげ、カンヌ国際映画祭(現地時間5月19日まで開催)に飛ぶ。いきなり世界の映画人が集う晴れ舞台に立つことになるが、

「映画祭自体が初めてなので、正直、まったく実感がわきません……。え、レッドカーペット? あのよく写真とかで見るやつを歩くの!? みたいな感じです」

 映画『寝ても覚めても』が出品されるのは、パルムドール(カンヌにおける最高賞)を争うコンペティション部門。2015年公開の『ハッピーアワー』(上映時間は5時間17分!)で映画マニアをうならせた濱口竜介監督の新作にして、初めての商業映画。東出昌大が一人二役に挑戦しているのも話題だ。

脚本を読んで泣いた

 撮影当時19歳だった唐田は、東出演じる麦(ばく)と亮平という2人の男性の間で揺れるヒロイン・朝子の役をオーディションで射止めた。

「私、オーディションの時は“絶対にこの役とるぞ”っていう気持ちで挑むんですけど、なんだかその時は、まったく力が入っていなくて(笑)。上京して1年くらい経って、けっこう落ち込んでいた時期だったというのもあり、正直、お仕事を続けていくかも迷っていたんです。演技について質問されても、正直に“楽しいと思えていません”みたいに(笑)。あんまりいいことを言えていなくて。

 セリフを渡されて、“電話帳を読むみたいに棒読みで、感情を一切入れないでください”って言われたのですが、本当にただ文字を読んだだけ。それで終わってしまったので、まったく受かった気がしませんでした」

 だがオーディションが終了してから、思いが大きく変わることになる。

「次の日にマネージャーさんから“実はこういう映画だったんだよ”って脚本を渡されたんですけど、主人公の朝子を本当に自分として感じて最後まで読めたというか。最初から感情移入ができて、初めて脚本を読んで泣いてしまいました。そういう感覚は初めてでしたし、衝撃的で。“絶対やりたい”と結果を待っていました」