献花台に手向けられた花束には珠生ちゃんあての手紙が添えられていた

「ほかの友達とも“まさかあいつが”って話をして、みんなびっくりしていました」(高校の同級生)

「もう、ちょっと信じられない……ですね。あの子が……という感じですね」(容疑者の勤務先社長)

「弟は顔面蒼白で“動揺が隠せない”って言っていました。やんちゃでもないし、いい子。本当にいい子」(弟が容疑者と小・中の同級生だった女性)

容疑者と被害者宅は徒歩2分

 新潟県新潟市で小学2年生の女児、大桃珠生ちゃん(7)が殺害された事件。JR越後線の線路に遺体を放置し、列車にひかせた死体遺棄、死体損壊容疑で市内の電気工事会社に勤務する会社員、小林遼容疑者(23)が逮捕されたが、容疑者を知る人物は一様に、冒頭のような反応を示した。

 小林容疑者の運転する黒の軽乗用車が下校途中の珠生ちゃんとぶつかったのは7日午後3時過ぎ。その後、珠生ちゃんを車内に連れ込み、首を絞めるなどして殺害した。

 その翌8日午前、警察から勤務先に電話が入ったという。

「“小林遼君はおたくの社員ですか? 出社していますか?”という内容で、総務が“出社していません”と対応しました」(前出・勤務先社長)

 県警幹部は「捜査上、コメントは控えます」と容疑者に目星をつけた時期について口をつぐむが、勤務先には連日、出社確認の電話をかけ続けた。会社側が電話の意図を質すと、

「“事件があったから現場近くの人、ひとりひとりすべての人を調査しておりますので”ということでした」(同社長)

 容疑者と珠生ちゃんの自宅は直線距離で約80メートル、2分も歩けば到着できる近さにある。