母・弟宅マンションの玄関前には、住人によって黄色や白の菊が手向けられていた

「お兄さんはとてもいい人でね。世の中にこんないい人がいるのか、というくらいお母さん思いで、弟さん思いのとてもやさしい、温厚な人。弟さんを殺すなんて今も信じられなくて……」

 と同じマンションに住む主婦は声を震わせた。

「突発的にやってしまった」

 別の住人男性も、「認知症を患ったお母さんの介護をされていました。介護する側はついキツイ言葉遣いになったり、怒ったりしがちといいますが、お兄さんが怒っている姿は1度も見たことがない。ホントに素晴らしい方です」と話す。

 そんな、やさしいお兄ちゃんの犯行だった。

 5月23日午前6時半ごろ、静岡市駿河区八幡のマンションから静岡県警静岡南署に110番通報があった。通報したのは、同マンションから約400メートルのアパートに住む無職の川合智宏容疑者(62)本人だった。

「弟が冷たくなっている。(自分が)殺害した」

 署員が駆けつけると、容疑者の弟で、このマンションに住む無職の川合雅和さん(60)が、寝室の布団の上であおむけになっていて、すぐに死亡が確認された。

 事情を聴いていた静岡南署は同日午後5時5分、智宏容疑者を殺人の疑いで逮捕。翌24日の司法解剖の結果、雅和さんの死因はタオルのようなもので頸部を圧迫されたことによる窒息死で、死亡推定時刻は22日夜と判明した。

 肝心の動機については、「突発的にやってしまった」と供述している程度で詳細は明らかにされていないが、大手新聞の社会部記者は、

「殺害された雅和さんはアルコール依存症で、精神状態も不安定だった。しばしば母親を怒ったり、暴力をふるったりして、容疑者に叱責されることがあったようだ。犯行当夜も弟が母親に食ってかかろうとしたため、母親を守ろうとして突発的に犯行におよんだとみられる」

 と事情を語る。