すべて不妊手術ずみ。猫舎はストレスなくのんびりとしている

 2012年以降、増加の一途をたどる動物虐待事犯。水面下ではもっと多くの動物たちが苦しめられている。週刊女性の短期集中連載『動物虐待を許さない!』の初回は、追い詰められた犬や猫などを受け入れ続けている勇敢な女性の話。

“ムツ子”になりたかった

「私は単なる不良で、水商売あがりじゃけん」

 若かりしころにおしゃれで入れたタトゥーを隠そうともせず、NPO法人「犬猫みなしご救援隊(以下、救援隊と表記)」の代表・中谷百里さん(56)は自虐的に笑う。

 しかし、中谷さんは不良どころか、その真逆。これまでに救ってきた犬猫をはじめとする動物の命は、なにしろ数千にも及ぶ。いきどころのない動物たちにとっては、まさしく女神、救世主なのだ。

「うちは両親も祖父母も代々にわたって動物が好きな家系でね。幼いころ、近所にはまだ野犬がいたので、犬も猫も拾っていましたよ。魚も鳥もいたし、動物たちに囲まれて育った。

 将来は、犬や猫を無限に拾うことができたらいいなと。そう、ムツゴロウさんじゃないけど、“ムツ子”になりたいと思っていました

 と今度は豪快に笑った。

 広島市出身。1990年に個人で犬猫の保護活動を始め、5年後には救援隊の母体を設立。’05年にNPO法人格を取得した。そして’11年、あの東日本大震災が──。

 いてもたってもいられず、すぐに福島へ。取り残された被災動物たちを300匹以上保護し続けてきた。この勇気ある行動が団体の名前を一躍、全国に知らしめたのである。

「病気やケガで死にそうとか、高齢でどうしようもないというのであれば安楽死処分でもしかたないかもしれませんが、ピンピンしている動物を処分したり飼い主がいないから見捨てたりするというのはかわいそう人も動物も、この世に生を受けた限りは天寿をまっとうしなければ

 と中谷さんは語気を強めた。