舞台で輝きを放ち、生で会える(見られる)俳優が本当に仲のいい俳優を指名してトークする「生で会えるイケメンリレー対談」連載。

 第36回は藤田玲さんが佐藤流司さんを指名! 『週刊女性』本誌(2018年7月3日号)のスペシャル対談の続きを、たっぷりお楽しみください。

左から藤田玲、佐藤流司 撮影/伊藤和幸 スタイリスト/浜元理恵(佐藤さん) 衣装協力/elements,H(佐藤さん、トップス2点)

単純にバディにするなら
流司でしょって思った

――おふたりがそれぞれ主演を務める映画『ダブルドライブ~狼の掟~』(藤田さん主演/8月25日公開)と『ダブルドライブ~龍の絆~』(佐藤さん主演/9月22日公開)ですが、藤田さんが、この映画に佐藤さんに出演してほしいと思った理由は?

藤田 まず、2.5次元とは違う、彼の自分で作る役を見てみたいっていうのがひとつ。あとは、俺が主演させてもらった第1弾(映画『ボーダーライン』)のアウトローな世界観に超マッチしてるのが見えて、次は一緒にやりたいな~って思ってたので。何より単純に“バディにするなら誰がいい?”って考えたときに、“流司でしょ”ってなったんですよね。

佐藤 あざ~す! これ太文字で書いてください(笑)。

藤田 アハハハハ!

佐藤 お話いただいて、すぐ「出たいです!」ってなりました。でも、俺、玲くんのケツを蹴らないとならないんですよね。

藤田 大丈夫、大丈夫! 気持ちよくきてよ。痛かったら言うから(笑)。そこ逃がすやつにしてって(笑)。

佐藤 わかりました!

――撮影で楽しみにしていることは?(※取材時は撮影前)

藤田 2人のシーンが多いのと、けっこうバディ感出るんで、そこはすごく楽しみです。セリフ以外のところでも、細かいところで遊べると思うので。さっきも言いましたけど、流司が一から自分で作る役を見られるのも楽しみなんですよね。

佐藤 どうやって作っていこう。難しい。

藤田 そこはね、現場で生まれるものも、絶対いっぱいあると思うから。

佐藤 でも、台本を読んで、“でっけぇ壁来たな”っていうのは感じてます。