小出恵介

 6月24日、サザンオールスターズ、福山雅治(49)らが所属する大手芸能事務所「アミューズ」の株主総会が、東京・両国国技館で行われた。

「アミューズといえば、6月4日、未成年女性との飲酒トラブルで無期限活動休止だった俳優の小出恵介(34)との専属契約終了を発表したばかり。同時に、このトラブルで生じた違約金など約5億円とも言われる小出の負債を“チャラ”にしたことも明らかになりました。

 24日の総会では、株主から小出についての質問が続出するのでは、と注目されていましたが、株主たちはいっさいスルー。総会後に行われた2100人の株主を招いてのイベントも、タレントのライブやトークで、つつがなく終了したようです」(芸能記者)

 アミューズの歴史の中でも随一といっていいほど、大きな騒動を起こした小出だけあり、総会の会場に怒号が轟くかと思いきや、

「小出の騒動については、事務所はむしろ同情的に見られていて、サッと切り捨てたことに拍手が送られています。株主は、アミューズに所属するほかのマジメなタレントたちへの愛が強いんです」(前出の芸能誌記者)という。

止まらぬ暴言にあ然

 アミューズも小出もあらためてその後の道を進むことになるが、当の本人は、反省どころか、震え上がるようなとんでもない暴言を口にしていたという。

「未成年女性へ不適切な関係を迫ったとして書類送検された小出恵介ですが、最近、酒の席でその相手女性について“すべてあいつのせい”“あの女、ぶち殺してえ”と口走ったというんです。

 本人はいまだに“ハメられた”と思っているんでしょう。その場にはある芸人も同席していたそうですが、反省ゼロの小出の態度に、ドン引きして返す言葉がなかったとか」(芸能プロ関係者)