規制線の張られた奥田交番前には献花台が設けられ手を合わせる人が絶えない

 交番を襲撃して警察官を刺殺し、奪った拳銃で小学校の男性警備員を射殺した富山県の拳銃強奪殺人事件。

 逮捕された元陸上自衛官の島津慧大容疑者(21)は、市街戦のゲリラ兵か、はたまたサバイバルゲームのプレーヤーのように人目を避けて俊敏に動き、静かな住宅街の日常をどす黒い血で染めた。

殺害された警察官とは面識があった

 事件を起こした6月26日、交番を襲撃する直前の島津容疑者は、今年4月から短期雇用で勤めていたアルバイト先のファストフード店にいつもどおり出勤していた。

「店長が掃除を頼んだところ何も言わずににらみつけて、突然殴りかかったそうです」

 と同店関係者。

自衛隊入隊前の島津容疑者(『広報たてやま』より)

 殴りかかったのは午後0時半過ぎ。店長は左肋骨の骨折と左手親指脱臼の大ケガ。島津容疑者は上下ユニフォーム姿だったが、上着のポロシャツをその場に脱ぎ捨てて、同1時過ぎには私物の黒いリュックを持って店を出て行ったという。

 事件前のこの行為を、犯罪心理学の専門家、東京未来大学の出口保行教授は、

「この日が決行日と、本人は決めていたのでしょう。仕事先で気に入らないことがあっても我慢する必要はなかった」

 と分析する。さらに、

「交番を襲撃し、小学校に乗り込んでいこうというのが本人のプランですが、極めて計画性が高い犯行です。交番と学校の位置関係が近いところを、だいぶ探したと思います。下見も事前の偵察もしていたでしょう。あれだけの犯行を、場当たり的にできる人はまずいない」(出口教授)

 と用意周到さを見て取る。