イ・ビョンホン 撮影/吉岡竜紀

 約3年ぶりの取材となった週刊女性に、

お久しぶりです

 と、日本語で挨拶してくれたイ・ビョンホン(47)。彼といえば、“キラースマイル”。そのパワーは、’04年に火がついた韓流ブームを牽引する“韓流四天王”のひとりとして紹介されたころから変わらない。’06年には、俳優として世界初となる東京ドーム公演を開催。人気だけでなく、キャリアもステップアップを続け、いまやハリウッドに進出。演技派といわれるだけでなく、スター性も備える稀有な存在として地位を築いている。

 一方で“光をくれる存在”という日本のファンもとても大切にする。国内外から数多くのオファーが届く多忙なスケジュールと相談しながら、触れ合う機会を作る。

「歌手やコメディアンの方は、公演などでファンのみなさんと直接会う機会が多くありますよね。僕だけでなく、俳優には、あまりそういう機会がないんです。だからこそ、どうやったらみなさんと意思疎通ができて、その場を本当に楽しめるだろうかと悩みます

 ドラマや映画で親しんでいる彼からは想像できない、歌やダンスとさまざまな姿を見せてくれるのも、実は日本でだけ。ファンミ会場でしか見ることができない、七三分けにメガネ、髭をたくわえた間抜けな「李教授」や、ピコ太郎に負けないインパクトのある全身ヒョウ柄衣装の「HANAKO」、カリブの海賊や寅さんなどの扮装は、本人もアイデアを出しているそう。

たぶん、自分の中に別の人格があるんだと思います(笑)。北野武さんを例にあげるとわかりやすいと思うんですが、映画監督や俳優として活躍されている北野武さんがいつもの僕の姿で、ビートたけしさんとしてバラエティーに出ている顔が日本でしかお見せしていない部分。以前、日本で披露した扮装姿を初めて見た韓国のスタッフが、あまりの衝撃で茫然としてしまって。“これは、本当にイ・ビョンホンさんですか?”と聞かれたことがありました(笑)」

 それほどに力を注ぐ理由を、「ファンは思い出を共有する親友であり、仲間だから」と言う。

「これまでの中でいちばん心が痛んだ記憶は、東日本大震災が起こった年に開催したイベントでのことです。いつも、お友達同士のグループで来てくださる方々がいたんです。本当に残念なことに、そのグループの中に津波でお亡くなりになってしまった方がいらして……。その方もきっと、この会場に来たかっただろうとお友達が席を用意されていたんです。ステージから、いつもは笑顔を向けてくださるその席が空いているのを見たとき、言葉にできないくらい心が痛みました。表現できない感情がこみ上げてきましたね」