ソースカツと同じ皿に盛られた香味漬けにゴキブリの死骸が(給食センター提供)

 全長約3センチの黒い物体……よくよく見ると! 配膳を担当していた中2の生徒が発見したその黒光りする異物は、料理の中に浮かぶゴキブリの死骸だった。

“ゴキブリエキス入り”給食を完食

 6月26日、群馬県館林市立第4中学校で起きた“給食ゴキブリ混入事件”。即刻、全校生徒に伝えられたが……。

「校内放送で『異物混入がありました。給食をバット(容器)に戻してください』と流れました。最初は何が入っていたのかわかりませんでしたが、異物の正体がゴキブリだと広まって、女子たちがキャーキャー騒いでいました」

 そう証言するのは同校2年の男子生徒。ゴキブリの死骸は、香味漬けの中で見つかり、発見生徒→担任→校内放送と情報が拡散されていったが、

「……全部食べちゃいました」

 がっかりとうつむきながら話すのは、同校の女子生徒だ。

 3年の男子生徒は、

「うちのクラスは暴れん坊が多くて、放送や先生の声が聞こえなかったんです。ほとんどの生徒が食べてしまったんですよ。ゴキブリのエキスが入った給食を食べちゃった……って、みんな大騒ぎでした。僕も食べちゃって、気持ち悪いなと思います」

 と話すが、

「現物を見たらキツイと思いますけど、まあ、ゴキブリはどこにでもいるので、しょうがないのかなって」

 前出の完食女子生徒も、

「同じようなことがないように、次に気をつけてもらえればと思います」

 と悪夢を振り払おうとする。

 完食女子生徒の母親は、

「わざとやったわけではないでしょうし、責める気はありません。こういうことがあれば逆に気をつけてくれると思いますし。学校からは書面で謝罪をしていただきました」

 と穏やかに話す。