生田悦子さん

「私が女優になることができたのは、母がいたからだわね」

 7月15日、虚血性心不全で急逝した生田悦子さん。美しく、そして強く生きた名女優が静かにこの世を去った―。

 彼女は高校生だった'63年に『準ミス平凡』に選ばれ、モデルとして芸能界入り。

 '66年に松竹に入社すると、その年に映画『命果てる日まで』で女優デビューを果たす。

毎週土曜は夫婦で外食

「映画のほか、'78年にはドラマ『白い巨塔』で、主人公の田宮二郎さんの妻役を熱演。また、'81年からは『欽ドン! 良い子悪い子普通の子』(ともにフジテレビ系)に出演しました。当時は映画女優がバラエティー番組に出るのはかなり珍しく、話題になりましたね」(スポーツ紙記者)

生田悦子さん。笑いを欽ちゃんから学んだ(‘82年)

 '05年には、58歳になる2日前にアパレル会社社長のA氏と結婚。翌年には更年期うつを患っていたことを公表し、彼の支えが大きかったと明かしている。

「松竹で僕が宣伝担当のときからの付き合いなので、かれこれ45年来の友人でした。あるとき、やたら彼女から“最近、テレビでの衣装がおしゃれですね”なんて電話がかかってきた。当時、僕の衣装は知り合いであるAさんの会社から提供されていたんです。

 ただ、生田さんがAさんと交際しているなんてまったく知らなかった。そうしたら、“Aさんからプロポーズされました”って。そこで初めて、そんな電話をしてきた意味がわかったんです。性格がさっぱりして正直な人だったけど、そんな可愛らしい一面もありましたね」(松竹OBで、芸能レポーターの石川敏男氏)

 亡くなる前日も、毎週土曜日に夫婦で通っていた割烹料理店『白金・金舌』で食事をしていた。総料理長の磐井太朗氏も悲しみを隠さない。

2年前からほぼ毎週のように通ってくださり、夫婦ゲンカ中も来店してくださいました。でも、“今日、この人と話さないから”って生田さんがおっしゃって、僕を通訳みたいにして話すんですよ。

 “隣の人にちょっと多いからこれ食べてって伝えて”“ちょっと飲みすぎじゃないって隣の人に言って”とか。でも、帰るときにお見送りをすると、赤信号の横断歩道をふたり並んで待ってらっしゃる。そんな姿を見ると、仲のよさが伝わってきましたね」

 本来なら来店するはずだった7月21日、いつも生田さんが座っていた席には大好きだったコーラが置かれていた─。

 多くの人に愛された生田さんだが、子どものころは愛情に飢えていた。そのことを生前、週刊女性だけに語っていた。

 生田さんの父は福岡で開業する歯科医。母は郷土芸能である『博多にわか』の大御所・生田徳兵衛の娘として裕福な家庭で育てられた。