田中圭 撮影/伊藤和幸

どんどん思い出を上書きしていくタイプでして。だから印象に残っている仕事といわれても、『おっさんずラブ』のことしか思い出せない(笑)

 男性同士の純愛を描き、話題を集めた『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)。ドラマ終了後も根強い人気を誇る同作で主演を務め一躍、脚光を浴びている田中圭(34)。中学3年生で受けた映画のオーディションがキッカケで芸能界入りし、芸歴は20年近くになる。

「母親の“5000円あげるから”という言葉につられ、人気女優の相手役オーディションを受けたんです。“もしかしたら、女優さんに会えるかも?”というミーハー心はありましたが、俳優という仕事をあまり認識していなかったので、芸能界への憧れとかはまったくなかったです」

 グランプリは逃したものの、ファイナリストに残ったことで現在の事務所にスカウトされ、所属することに。しかし最初は演技レッスンもサボるほど、演技には興味がなかったと語る。

「当時通っていた千葉の高校から、世田谷区にあるレッスン場まで1時間以上かかったので、めんどくさくなりサボってばかりでした。それでアクセス面を考慮してくれたのか、大久保のレッスン場に変わったのですが、そこの先生とはウマが合ったんです」

26歳ごろにやめようと思い事務所に相談へ

 母子家庭で育った田中にとって、新しいレッスンの先生は父親のような存在だったようだ。

「学校やオーディションに受からない日々の愚痴を聞いてくれたり、何でも話せる先生で。演技を習いたいというより、その人に会いたくて、レッスン場に通っている感じでした」

 そんなレッスンの日々を経て、デビュー4年目に出演したドラマ『WATER BOYS』で、山田孝之演じる主人公の親友役で注目を集める。

実際に水泳部のメンバーで合宿を行うなど、練習が本当に大変だった記憶しかないです。帰宅するのもしんどくて、当時は(山田)孝之の家に転がり込み、居候状態でした。孝之が熱く芝居論を語っていたのはよく覚えているし、影響を受けた部分は絶対あります。でも彼に限らず、今まで出会った人、作品が僕に影響を与えていて、すべてがつながっていると思うので、この作品だけが特別というワケではないです」