8月2日、ブラジルから帰国されたことを両陛下に報告するため皇居を訪れた眞子さま

 8月2日の正午ごろ、ブラジルへの公式訪問から帰国したことを両陛下に報告するため、皇居を訪れた秋篠宮家の長女・眞子さま。

日本人のブラジル移住110周年記念式典に合わせ、15日間で同国の14都市を訪問されました。サンパウロやプロミッソンなど4都市で開かれた同式典に出席したり、リオデジャネイロでは『コルコバードの丘』を訪れ、マナウスではアマゾン川を視察されました」(皇室担当記者)

 両陛下は、かねてからお心を寄せているブラジルに住む日系人とご交流したお話を、眞子さまからお聞きになったことだろう。

 両陛下はその一方で、現在は結婚延期となっている小室圭さんとのことも気にかけられているにちがいない─。

「眞子さまがブラジルから帰国された7月31日、小室さんはパラリーガルとして勤務する都内法律事務所の渡米前の最終出社日でした。

 しかし、小室さんはその最終日に休暇を取っていたそうです。この日は母親の佳代さん(51)もパート先の洋菓子店が定休日だったこともあり、留学前の“最後の親子の時間”を過ごしていたのだと思います」(小室さんの知人)

 小室さんが留学する予定のフォーダム大学ロースクールは8月13日からスタートする予定で、本人は8月上旬に日本を発つと思われる。

 しかし、ある宮内庁関係者は、小室家の「警備問題」に関して、こんな“衝撃情報”を明かしてくれた。

小室さんがアメリカ留学をする3年間もSPなどの警備がつき、神奈川県の自宅でも引き続き警備体制が敷かれるという話があるのです

 現在、小室さんの自宅マンションの前にはポリスボックスが置かれ、24時間体制で、警察官総勢10数人が交代で警備にあたっている。

圭さんが外出する際には、どこへ行くにも護衛がついていきます。一部では、圭さんが勤務後に都内の個室マッサージ店で施術を受けていた間、SPも一緒に入店して待機していたと報じられました。

 その警備費用は1か月で700万円近いとも報じられており、もとをただせば国民の税金から捻出されているので、批判の声も上がっています。

 もし、アメリカ留学中も警備体制が敷かれるならば、単純計算で小室さんに2億5千万円の税金が使われることになります」(同・宮内庁関係者)

 昨年9月からイギリスに留学されていた眞子さまの妹・佳子さま(23)でさえも、現地ではSPがついていなかった。それにもかかわらず、まだ“婚約内定者”の小室さんと佳代さんに護衛がつくのは“異常事態”だといえる。