今年の新年一般参賀での信子さま(左)と彬子さま。公務先でも言葉を交わされない
「DV」や「アルコール依存」など、ご長男一家のトラブルがご心労になっていた三笠宮さま。しかし、ふたりの孫娘のお住まいに飾られている在りし日の写真に、望みをかけられて……。
入院していた病院から百合子さまに付き添われ元気に退院されたときの三笠宮さま('12年)

「三笠宮さまは、3人の男のお子さまに先立たれて、つらい思いをされていたのではないでしょうか。

 なかでも、寬仁さまご一家の残された母娘の対立には、ずっと心を痛められていたと思います」

 10月27日午前、101歳のお誕生日を前に聖路加国際病院で薨去された三笠宮崇仁さまについてそう話すのは、ジャーナリストで文化学園大学客員教授の渡邉みどりさん。

 病院で最期を看取られた三笠宮妃百合子さま(93)との間に、5人の子宝に恵まれたが、

「'02年に三男の高円宮さま、'12年に長男の寬仁さま、'14年に桂宮さまと相次いで男のお子さまがお亡くなりになり、何度も涙を流されました」(宮内庁担当記者)

 病床の三笠宮さまにとって心残りだったのは、冒頭の渡邉さんが言うように、長男一家でくすぶり続ける「親子対立」であったに違いない。

 “ヒゲの殿下”“トモさん”の愛称や型破りな言動で親しまれた寬仁さまは、

「いろんな女の人と付き合ったけど、やっぱり彼女が一番いい」

 と'80年に、吉田茂元首相の孫娘で麻生太郎元首相の妹・信子さまと結婚し、寬仁親王家をご創設。