結婚から約3年後、軽井沢でテニスのプレーの合間にお話しされるおふたり('62年8月)

「8月22日、天皇・皇后両陛下は静養のため、長野県・軽井沢に入られました。

 午後1時前に新幹線でJR軽井沢駅に到着された美智子さまは、白いジャケットにベージュのパンツ姿で“爽やかスタイル”なのが印象的でしたね。

 駅前では、町民や観光客など数百人が『日の丸』の旗を振って出迎え、両陛下も笑顔で応じられていました」(皇室担当記者)

 来年5月に予定されているお代替わりで、おふたりはそれぞれ『上皇』『上皇后』になられるため、今回が両陛下としては“最後”の「夏の軽井沢ご静養」となる。

 軽井沢といえば、おふたりが出会われた場所としても有名な土地だ。

1957年8月に軽井沢のテニスコートでおふたりが対戦したことが、ご交流が始まるきっかけでした。

 現在でも、両陛下が軽井沢にいらっしゃると、“思い出のテニスコート”に足を運ばれているんですよ」(同・皇室担当記者)

 その話どおり、25日の土曜日の午前中に『軽井沢会テニスコート』に足を運ばれた両陛下。30分ほど滞在されたがプレーはせず、テニスをしていたプレーヤーと楽しそうにお話しされていた。

 皇室を長年取材するジャーナリストで文化学園大学客員教授の渡邉みどりさんによると、天皇陛下は当時の気持ちを歌に込められていたという。

「約60年前に“運命の出会い”を果たされたあと、天皇陛下は、次のような『和歌』を詠まれました。

《一年前の夏、妹より軽井沢会庭球部部内トーナメントのさそひに接せり

 このトーナメントにて美智子と初めて会ふ》

 という詞書のあとに、

《たまたまの出あひつくりし電話の声 

 耳に残りて未だ新し》

 この和歌は、1957年8月に、当時の皇太子ペアと正田美智子ペアでテニスの試合をされたあとの“お気持ち”を陛下が詠まれたものなのです」

 さらに、おふたりが出会われたテニスコート近くで55年間、美容室を営んでいる塚原勝美さん(74)にも、“両陛下とテニス”にまつわる秘話を聞いた。