翌23日の午前中、両陛下は戦後に旧満州から引き揚げた人たちが入植した『大日向開拓地』をお訪ねに。

「この場所は、両陛下が皇太子ご夫妻時代から静養中にたびたび訪れ、引揚者らと交流されてきた思い入れのある土地です。

 おふたりは野菜畑を寄り添って歩き、栽培されたレタスなどを見ながら散策されました」(前出・皇室担当記者)

 午後4時ごろ、再びお出かけになった両陛下は、JR軽井沢駅からほど近い『軽井沢大賀ホール』へ。

雨が降る中、『軽井沢大賀ホール』を訪問された両陛下を50人ほどの人々が出迎えた(8月23日)

 直前まで強めの雨が降っていたにもかかわらず、おふたりが到着されると、雨がぴたっとやむという出来事も。

「この日は、バイオリニストの成田達輝さんと、ピアニストの中野翔太さんのデュオコンサートが開かれていました。

 実は、一昨年の3月にも、両陛下は中野さんが出演した『東日本大震災復興支援 チャリティ コンサート』を鑑賞されたことがあるんですよ。

 今回は1時間ほどコンサートを楽しんでから宿泊所にお戻りになりました」(前出・宮内庁関係者)

 翌日も、正田家の別荘からほど近い知り合いの家を訪れて、「昼食会」に参加された両陛下。今年も思う存分に軽井沢を満喫されたようだ。

美智子さまは疎開先である軽井沢で終戦をお迎えになっていますので、お知り合いも多いのです。そういったご縁もあって、軽井沢を訪れるたびにお忍びでお会いになっているのでしょう。

 別荘でのご家族との夕食会も、美智子さまを癒したことだと思います。お代替わり後も、軽井沢を訪問される可能性は十分あるでしょうね」(渡邉さん)

 来年以降も美智子さまには、“思い出の軽井沢”を楽しんでいただきたい─。