国立オリンピック青少年総合センターの練習室は、Jポップの曲に合わせて踊る50名ほどの若者たちの熱気に包まれていた。ブレイクダンスの床技から逆立ちするひと、上半身をしならせて美しいターンをするひと、延々とジャンプを繰り返すひと。みな型にはまらない自由な表現をしている。

 この団体の名は『LOVEJUNX(以下、ラブジャンクス)』。世界初のダウン症のひとたちのためのエンターテイメントスクールだ。東京をはじめ北海道、大阪、沖縄に拠点を持ち、総勢600名ほどの会員がいる。

 一緒に踊りながら、生徒を鼓舞するのが代表の牧野アンナさん(46)。かつて安室奈美恵とともに『スーパーモンキーズ』でデビューした元アイドルだ。父は安室を見いだした沖縄アクターズスクールの創設者、マキノ正幸さん(77)。アンナさんも引退後はスクールのメインインストラクターとして、SPEEDやDA PUMP、三浦大知を育てた。現在は振付師としてAKB48やSKE48らの振り付けの指導もしている。

振付師、『LOVE JUNX』代表 牧野アンナさん

 華やかな芸能の世界とは異なるラブジャンクスの活動をアンナさんが始めてから、今月で17年目となる。

「最初は私もダウン症の子たちについて何も知らず、大変だとか頑固だとか、体力がないといったネガティブな情報しか入ってきませんでした。

 でも今、私が一緒にいる彼らはとてもハッピーで、健常者といわれる私たちよりずっと正直で健全なんです」

 みな普通にコミュニケーションがとれるし、傷つき、恋もする若者たちであり、自分の好きなことを見つけて、人生を楽しんでいるのだ、と。

「もし家族が大変なのだとしたら、それは理解のない社会と闘っていかなければならないからで、この子たちが大変なんじゃない。そういう情報がまったく伝わっていないんです。私はエンターテインメントを通して、彼らの姿を届けたいと思っています」

 アンナさんが大事にしていることは振り付けがそろうことではなく、本人たちの色を出すこと。そこに他者にはかなわない表現があるという。

 休憩中、生徒の那須絵里子さん(31)がレッスンについて生き生きと語ってくれた。

「始めて15か月ですけど、とにかく楽しいんです! 土曜は仕事もお休みですしね。来年は中野サンプラザで発表会もあるんです」

 高校3年の山口美紗さん(18)の母、三枝さん(55)は、一歩先を行く先輩たちの姿を見ると励みになるとしたうえで、こう話してくれた。

「いろいろな子どもたちがいますが、アンナ先生はひとりひとりの目線に合わせた指導をしてくださいます。健常者のクラスでは白い目で見られたりして、行く場所もなかったんですが、ここでは子どもたちがみんな堂々としているんです。先生ならほかにもたくさんお仕事があるはずなのに、こちらを優先してやってくださって、本当にありがたいです。アンナ先生はここが(胸を指して)温かい人だなと。そうでなければ引き受けてくださらないでしょう」

*************

 今年8月の24時間テレビにラブジャンクスが出演し、AKB48らと競演した。そのようなメディアへの登場も、より多くの人にラブジャンクスやダウン症について知ってもらえる機会になればとアンナさんは考えている。

 現在、秋葉原のAKB48劇場では『牧野アンナプロデュース公演』が行われている。稽古中、ファンの間では「鬼軍曹」と称されるアンナさんの手厳しいゲキが飛んだという。そこにはラブジャンクスで見せるやさしい表情とは異なる、シビアな世界で生きるアイドルたちへの厳しい眼差しがある。その公演のキャプテンを務める村山彩希さん(21)は語る。

「パフォーマンスをなんとなくやっちゃってると、メンバーの前でOKが出るまでひとりで踊らされるんです。最後はみんな泣きながらやりました。私もその立場になったんですけど、全然OKが出なくて!」

 しかしその経験を経て、チーム全体にがむしゃらに取り組む姿勢が生まれたという。

「アンナさんはステージに立つ側とスタッフ側と両方経験されているので、言葉にすごく説得力があって信頼できるんです。ご自分の失敗談も全部さらけ出して話してくださるので、アンナさんは本気なんだなって。じゃあ自分たちも本気でぶつかっていこうと決めました」

AKB48の公演後にチーム4のメンバーと。アンナさんの右隣が村山彩希さん

 アンナさんによって新しい息吹が吹き込まれた公演は、これまでにないAKB48を体現していると好評だ。

「いま仕事をしている若い子たちが抱えている不安や悩みが手に取るようにわかるし、どうしたらそこを抜け出せるかもわかるんです。希望に満ちた人間がいかに短い間でダメになってしまうか、身をもって体験しているので。嫌な経験も、指導者となった今、活(い)かせる場面があると感じています」

 そう話すアンナさんにも、居場所を求めてさまよったつらい過去がある。その起伏に富んだ道のりを辿(たど)る。