s-kimuratakuya
3月下旬、アーケードが特徴的な都内商店街にスーツに身を包んだ木村拓哉の姿が。

「この間も『ゴーストライター』(フジ系)の撮影で、水川あさみちゃんと俳優さんが来ていたんだけど、やっぱりキムタクはオーラが違いましたね。エキストラさんたちの中にいても目立っていました。すごく黒かったし」(商店主)

 夕方ごろに始まった撮影は1時間ほど、きびきびと演技を終えた彼はすぐに次のロケ先に向かったという。

 4月16日にスタートするテレビ朝日系ドラマ『アイムホーム』。木村としては同局の連続ドラマ初主演となるが、周囲のスタッフとも息ピッタリ。順調に撮影が行われているようだ。

「昨年3月に放送された、同じく木村さんが主演を務めた『宮本武蔵』のスタッフが集結。他局の現場では何かと“キムタク頼み”になるなか、ドラマ制作に自信を持っているテレ朝は、主演任せではなく“一緒に作る”という職人気質な現場。木村さんもいい刺激を受けているみたいですね」(テレビ誌記者)

 共演には木村の妻役を演じる上戸彩や、元妻役の水野美紀。また西田敏行や渡辺いっけい、及川光博ほかテレ朝ドラマではなじみの顔が並ぶ。

「『相棒』に『ドクターX』と、人気ドラマに出演した実力派俳優をそろえましたね。今回の『アイムホーム』キャストは制作側の意向が強く、どうやらジャニーズ主演ドラマにありがちな“バーター”出演もなさそう」(スポーツ紙記者)

 特に他局での、木村にかかわらずSMAPメンバーが出演するドラマでは、後輩グループのメンバーらもキャストに名を連ねる傾向にあった。

「それが視聴率アップにつながることもありますが、ファン以外の視聴者がシラケてしまうことも。テレ朝がキャストの話題性に頼らない、脚本に自信を持っているということでしょう。視聴率も強気の20%超えを狙っていると」(前出・スポーツ紙記者)

 今作では木村が父親役を演じることにも注目が集まっている。これまで父親とは言わずとも、子役たちとは何度も共演経験のある木村。自身も2児の父だけに扱いなれたものと思いきや、

「これまでなら子役と一緒になってゲームやサッカーをやって遊んだり声をかけたりしていたはずが、どうも様子が違うらしい。“近づくな!”とばかりに、劇中で息子を演じる高橋來クンとは距離をとっているのだそう」(テレビ局関係者)

 別段、現場の空気がピリピリしているわけではなく、ほかの共演者とは和気あいあいの木村。一方で、來クンに対してはそっけないのだとか。では、何で?

「今作は“わけアリ家族”がメーンストーリーで、木村さんは記憶を失った父親役なので、演技では子どもと距離を置かなくてはいけない。撮影休憩時に仲よくしていたのが、本番になって急に冷たく接したら“子役が戸惑ってしまうのでは”と、彼なりに演技内容を考えて気遣っているみたいですね」(前出・テレビ局関係者)

 確かに大人ならオンとオフの切り替えができるが、6歳の子どもには難しいかもしれない。普段から距離を置いておけば、すぐに演技に入っていけるという、木村なりの息子への“教育”だろうか。

「ただ水野さんの娘役を演じる山口まゆさんが、木村さんの長女と同い年なんだそう。“お父さんと仲よくやっている?”とか“スマホばっかりイジんないほうがいいよ”と、声をかけているんだとか。やっぱりそこは自身のお嬢さんと重なるんですかね」(前出・テレビ局関係者)