ikemen1229

 東京都葛飾区に住む鉄筋工・鎌田広志受刑者(34)は6月、路上で中1の女子生徒(14)に下半身を露出した姿で接近。背後から抱きつき、頬をなめるなど気色悪い行為におよんで強制わいせつの疑いで警視庁に逮捕された。

「キモ~い。そんなヘンタイが近くにいたなんて……」(現場近くの小5女子)

 犯行態様は悪質だ。自転車で近所を徘徊して女子生徒を追いかけ、狭い路地に追い込んで犯行を繰り返していた。

「見つけた瞬間から身体を触ることを想像していた。若い女性を狙って、今年3月ごろから20件ぐらいやった」

 などと供述。10月に懲役3年6か月の実刑判決を受けた。

 同受刑者は区内の家賃約5万円のワンルームマンションに住み、仕事を終えた夕方過ぎから“獲物”を探すため自転車にまたがった。自宅から1キロ圏内に小学校6校、中学校5校、高校4校があり、下校する児童・生徒が目立つ。

 同じマンションのほトンどの住人は、鎌田受刑者の顔と名前を知らなかった。涼しげなイケメンで、およそ女性に困るタイプには見えない。

「事件が報道されて、そんなやつが住んでいたのかと思いました」(住人男性)

 一方、近所の子どもを持つ家庭はこの事件に関心がある。中学生の母親は、「学校からは不審者情報メールがいっぱい来ています。同一人物かどうかわかりませんが、夏前、たしかに不審者出没情報がありました」と話す。

 現場周辺では小・中学生の女子を狙うわいせつ事犯が続き、保護者は警戒心を強めていた。しかし、鎌田受刑者の逮捕後も、学校からは月1回程度で不審者情報が発信されているといい、ほかに怪しい人物がいる可能性がある。

 近所の小学校低学年の女子児童は、「夏休み前に先生から“変な人がいるから気をつけなさい”って言われました」と話す。

 一緒にいた男子児童はこう笑う。

「そういう変な男の人、前に見たことあるよ。あそこの公園でね、ミニスカのセーラー服を着ていた。素っ裸のときもあったんだよ」

 現場周辺で囁かれるミニスカ男、全裸男情報……。鎌田受刑者の変態的犯行のインパクトは強く、学校関係者や子どもを持つ親は神経質になっている。不安はなかなか消えそうにない。