20160426_kakei_ill_2

 ぜいたくしているつもりはないのに貯蓄が増えない……という悩みを抱えている人も多いだろう。そこでお金のプロが問答無用のダメ出し&貯まるテクを伝授してもらった。

【CASE1】36歳で貯蓄125万円は家計の黄色信号

■佐藤あやこさん(仮名)宅の家計内訳

神奈川県在住の36歳。高校卒業後、OLを経て結婚。賃貸マンションに夫と5歳の娘と3人暮らし。インドア派で節約は得意なはず。

・月収(手取り)32万5000円(夫27万円、妻5万5000円)

・食費 3万円

・住居費 7万5000円

・水道、光熱費 1万3000円

・通信費 2万円

・こづかい(夫) 3万円

・教育費 3万5000円

・趣味、娯楽費 0円

・被服費 1万円

・交際費 0円

・日用雑貨 1万円

・その他 5万5000円

・保険料 2万5000円

・毎月の貯蓄 2万2000円

「人生でしっかり貯蓄できる時期って、実は3回しかないんですよ!」(ファイナンシャルプランナーの黒田尚子さん)

 佐藤さんは、その時期の真っただ中にいるという。なのに、現在の貯蓄額はたったの125万円……。

「この“貯め期”を逃さず計画的に貯蓄することが、一生お金に困らない秘訣です」(黒田さん)

 第1の貯め期は“子どもができるまで”。第2は、“子どもが小学校に通う前の未就学児の間”。第3は、“子どもの独立後”。

「つまり、教育費や住宅ローンの支払いが重ならないときが“貯め期”です!」(黒田さん)

 お子さんが5歳で、マイホームを購入していない佐藤家は第2の貯め期なのです。

「部活の費用や習い事、塾や予備校へもお金がかかる中学校以降を考えると、なるべく幼いうちに貯めておいて! 手始めに、あやこさんの収入を思い切ってすべて定期預金にしてみては?」(黒田さん)

 マイホームを購入する可能性を考えても、夫の収入のみでやりくりするのがおすすめ。今の家計が見えていないと、将来の家計状況は絶対に見えないと黒田さんは断言します。

「費目の“その他”は、使途不明金のようなもの。それが5万円を超えているなんて、家計管理ができていない証拠です! 3か月分のボーナスが出る夫の収入はなかなか◎。この貯め期をこれ以上逃さないために、簡単なメモでもいいから家計簿で家計を把握するところから始めましょう」(黒田さん)

 さらに、子どもの私立入学やゆとりある老後資金のために、貯蓄を増やすステップも考えてほしいと黒田さん。

「お子さんがそろそろ手がかからなくなるあやこさん。ご自身の働く時間を増やしてみるなど“貯蓄増”へ向けて頑張ってみてください!」(黒田さん)