『夢二~愛のとばしり~』で映画初主演を飾った駿河太郎 撮影/佐藤靖彦

 初対面にもかかわらず、冗談を交えながら人懐っこい笑顔を見せてくれる駿河太郎。

「この時計いいでしょう! 潮の満ち引きなんかもわかるんですよ~。僕のじゃなくて、スタイリストさんのものですけど(笑)」

 竹久夢二の真実を描いた『夢二~愛のとばしり~』では映画初主演を飾る。オファーが来たときはどんな気持ちだった?

「正直、初めは俺で大丈夫?……と。ただ、監督は僕が前に出た舞台(『コンプレックス☆ステッカー』)を見ていて。それは出演者たちが自分自身のコンプレックスを吐露する内容で、僕は笑福亭鶴瓶が親父ということをバーッと話したんです。

 そのときに“なにかに満足していない駿河太郎”という人間が、今回の夢二と合うんじゃないかと思ったそうで。それを聞いて、吹っ切れました」

 駿河は今回、竹久夢二が人生に葛藤する姿を熱演。詩人から画家へと転身した夢二の生き方は、自身の過去と重なるものがあったという。

「僕も、もともとはミュージシャン。途中で役者に転向しているので、共通項がありました。夢二が本当に描きたい絵なのかと悩んだように、“売れる音楽”と自分のやりたい音楽にギャップを感じていたし。僕の場合は売れなくて、アルバイトしながら音楽活動を続けていました」

 今ではすっかり俳優の印象が強いが、'03年に『taro』名義でメジャーデビュー。その後は酒の配達からウエーター、コールセンター、メッセンジャーなど、いろんなバイトをしながらバンド活動を行う日々。それがなぜ、役者の道へ?

「20代半ばのときに今のチーフマネージャーと出会って。なんか知らんけど“役者やりませんか?”と誘われたんです。1度断ったけど、その後も誘ってくれて。音楽の才能に限界を感じていたこともあって、1回乗ってみようと思ったんです」