連続ドラマ『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』に出演する中島亜梨沙 撮影/竹内摩耶

 大河ドラマ『真田丸』で豊臣秀吉(小日向文世)、真田昌幸(草刈正雄)を夢中にさせる花魁・吉野太夫を演じた中島亜梨沙。あふれでる色香から「あの女性は誰?」とにわかに注目を集めている。

「吉野太夫は最初、第15回の1回だけの出演だったんですが、第18回も出るというので“ラッキー!”と思って(笑)。それからまた3回(第28回~30回)増えて。しかも注目されるような面白い脚本、展開になっていて、ありがたいなと思います。いつ需要があってもいいように準備してきたつもりなので、素直にすごくうれしいです」

 中島は2003年から2009年まで宝塚歌劇団に在籍し娘役で活躍。舞のシーンではその経験をいかんなく発揮している。第29回(7月24日放送分)で昌幸が吉野太夫をぐっと引き寄せるシーンでも、中島の美しい身のこなしが印象的だった。

「第30回(7月31日放送分)のシーンは監督のこだわりがあって何回も撮り直しました。時代的にもお着物ですし、すごく色気のあるシーンとセリフになったなと。全国の昌幸さんファンに怒られてしまうと思うんですけど。“変わって!”って(笑)」

 どうやったら吉野太夫のように色気が出るのか? 聞いてみると、

「そうですね……私も色気がないほうだったので(笑)。舞台をやっていた頃も、色気のある役が少なくて、入水自殺する役とか、夢の中に出てくるお母さん役とか。吉野太夫を演じているときは不思議と余裕というか、ゆっくりした間みたいなものが全体にありました。所作指導と振付をしてくださった先生から、“京の太夫格は本当にゆっくりでいいんだ。誰よりもここの遊郭の主だという心構えでいなさい”ということを言っていただいて。“余裕と自信”みたいなものでしょうか」

 ターニングポイントになった吉野太夫という役に恵まれ、その縁に感謝していると話す。

「去年今年と続けてお伊勢さんに行って、お礼参りも行きました。あと、お財布の中に5円玉をためてるのがよかったのかな(笑)」