露出狂の男は人気のない場所を狙って、自転車で移動

「アイツはおとなしいけど、ロリコンというか、オタクというか、とにかく頭が悪いんですよ! もう5回ぐらい警察が来ている。男だから怖くはないけど、2度とここへ住めないように訴えてやろうかと考えているんですよ!」

 と、近所の男性は怒り心頭だった。

 埼玉県警子ども女性安全対策課と狭山署、所沢署の合同捜査班は7月下旬、所沢市の無職・西田育正容疑者(46)を公然わいせつ容疑で再逮捕した。

 6月に路上で帰宅途中の女子高生2人に向けて下半身を露出した疑い。直前にも同種の犯行を企て、通報によって警戒中のパトカーに発見され、近くのアパートへ逃げ込んだところを住居侵入容疑で現行犯逮捕されていた。

 防犯ビデオや目撃情報が再逮捕の決め手とみられる。しかし、西田容疑者はいまだに容疑を否認しているという。

「犯行は夕方から夜にかけて。自転車で出かけ、女子中学生や女子高生に男性器を見せる。驚かせるのが楽しいという古典的な変態だから、何度も繰り返す。タチは悪いが、やることはそれだけなので物証に乏しく、警察も手を焼いているようだ」と地元記者。

 所沢市を中心とする埼玉県西部で自転車露出男の犯行は80件を超えているという。