木村拓哉と妻の工藤静香

 日本中に衝撃を与えたSMAP解散報道。実はこの解散で最も大きな傷を負うのは木村拓哉だとも言われる。

 家族とのハワイ旅行中に解散を聞かされたとされ、《本当に情けない結果になってしまいました》とのコメントを残したことも批判された。

「“自分は努力したけど4人が反対し続けた結果こうなった”と、メンバーのせいにしているように受け止められたんです。

 世間では“裏切り者”扱いで、やることなすことすべてが叩かれてしまう悪循環に陥っています。スーパースター“キムタク”の時代はSMAPとともに終焉を迎えることになりかねません」(スポーツ紙記者)

 木村が持つレギュラー番組はラジオのみ。映画やドラマ、CMが主な仕事なのだ。来年は主演映画『無限の住人』の公開があり、1月にはTBS系『日曜劇場』でドラマ主演が内定している。

「同じクールで草なぎのドラマもありますから、視聴率では負けられません。Iさんではなく、J副社長のもとでの初ドラマだからなおさらのこと。

 数字の取りやすい医療モノでの失敗となれば、キムタクブランドの失墜につながります」(テレビ誌ライター)

 俳優がダメならバラエティーで、というのは難しい。

「5人の中でキムタクが一番つぶしがきかないというのは常識。キムタクはバラエティーを仕切るのは向いていないし、歌も“SMAPの中ではうまい”という程度。

 若いときはアイドルとして人気でカバーできましたが、演技力がそれほどあるわけでもない。みんなチヤホヤしすぎたんですよ。騒動で悪いイメージもついてしまった彼は、今度のドラマは正念場だと思います」(制作会社スタッフ)