元マネージャーのI女史を事実上"追放"したとされるメリー副社長
すべての写真を見る

 独立騒動の際、木村が土壇場で考えを変え4人と対立したのは、メリー喜多川副社長と親しい妻の工藤静香が夫を説得、思いとどまらせたからだという。静香の作戦は成功したように見えるが……。

「確かに近藤真彦や東山紀之と同じように、将来の事務所幹部の道は開けたとしましょう。でも、木村に対して向けられる後輩グループからの目は冷ややかなものがあります。

 ジャニーズでも人望のある中居を“裏切った” わけですから。若手からの尊敬を失えば、事務所では木村でさえ名ばかりのトップ“はだかの王様”になるのかもしれません」(芸能プロ関係者)

 騒動のせいで、ジャニーズのブランド自体にも傷がついてしまった。ほかのグループにも危機感が広がっている。

「嵐の冠番組が軒並み不調で、勢いが衰えてきたことがはっきりしてきました。ゴリ押しする若手グループも、三代目J Soul Brothersに勝てない状況です。

 テレビ局でもジャニーズタレントを使ってもあまり数字が取れない現状に、ちゃんとした役者を使ったほうがいいという風潮にもなってきています。ただジャニーズというだけで主演するのは難しくなるでしょう」(テレビ局関係者)

 IさんとJ副社長との“派閥争い”が引き起こしたとされる、ファン置いてけぼりのSMAP解散が、ジャニーズの苦境を招くことになってしまうのだろうか。

「慎吾が意固地になっているのには理由があります。木村が憎いというよりは、Iマネージャーをクビ同然に退社させた事務所そのものに愛想が尽きたみたいですね。このままでは、ジャニーズを出るのも時間の問題でしょう」(前出・芸能プロ関係者)