解散発表後、ハワイでのバカンスから羽田空港に降り立った木村拓哉

 8月22日、2週間以上滞在したハワイから成田空港に帰国した木村拓哉。待ち受けた報道陣に対して自ら歩み寄り解散騒動を謝罪、メンバーがそれぞれラジオ番組を通して解散に言及する一方で、初めて公の場で説明した。

「家族旅行というプライベートの場ですから、これまでのキムタクとしては考えられない対応。“男を上げた”と持ち上げる声もありますが、これもジャニーズ事務所が“イメージ回復のために取材させた”のが本当のところでは?」(ワイドショースタッフ)

 1月のSMAP独立騒動以降、すっかり“裏切り者”のレッテルを貼られてしまった木村。メンバー内で唯一、妻子持ちであることを考慮すれば、安定した道を求めてのジャニーズ残留も致し方なかったとも思える。が、芸能界随一の人気者“キムタク”だけに、そのぶんの落差も大きくなってしまったのだろう。

 実際、帰国時も「家族を守りたい」意思は見てとれた。報道陣の待機を知った木村は工藤静香と娘たちを翌23日、羽田空港で時間差帰国させたのだ。それでも報道陣に囲まれてしまった静香だが、

「ハットで娘たちの顔を隠して、写真を撮らせまいと懸命に守っていましたね。夫の裏切りについても“みなさんの想像とは違うと思います”と、珍しく“キムタクの妻”として答えていました。というか、マスコミを前にして公に話すのは初めてのことじゃないですか?」(芸能レポーター)