会社員の妻がパートに出る際、気になるのがいわゆる「103万円の壁」と「130万円の壁」。表1(現行制度で働くAさん)を見ながら、どのようなものかおさらいしてみよう。

 まず、「103万円の壁」は、パート勤めで所得税がかからない年収のこと。103万円を超えると所得税がかかりはじめ、夫の配偶者控除も徐々に減らされて夫の所得税もアップしていく。社会保険労務士の北村庄吾さんによれば、

「特に、夫の会社から出る家族手当の基準が妻の年収103万円以下となっている場合は、要注意ですね」

 一方、「130万円の壁」は、年収130万円以上になると、社会保険料の負担が発生するというもの。勤務時間や日数が正社員の4分の3以上なら健康保険、国民年金保険の負担が発生し、そのぶん“働き損”となってしまう状況が生まれてしまう。年収130万円未満におさまるよう働いてきた女性も多いのでは?

表1 配偶者控除と「収入の壁」の仕組み