10万人に1人の割合で罹患する、珍しいがん

妻・クラウディアさんが梅宮辰夫の黄疸に気がついて早期発見につながった

「6月中旬に検査を行い、十二指腸乳頭部がんだと診断され、7月下旬に手術を行いました。8月11日に退院し、今では自宅でスクワットをしていますよ」

 父・辰夫の病気について、9月7日に会見を行った梅宮アンナ。がんのステージはⅠ~Ⅱの間で比較的初期段階だったが、手術は12時間にも及び、78歳という高齢から体力がもつか懸念されたという。

「もしかしたら、これでバイバイかもと思いました。“いってらっしゃい”と送り出したものの、もう会えないかもと不安でしたね」(アンナ)

 幸い手術は成功し、予後も良好のようだ。では、この一般的に聞き慣れない十二指腸乳頭部がんとはどのような病気なのだろうか。

「すい頭十二指腸領域がんの一種です。すい臓はオタマジャクシのような形をしていて、その頭の部分近くにできるがんです」

 こう語るのは、大手町アビエスクリニックの早田台史医師。10万人に1人の割合で罹患する、珍しいがんだという。

「胃より先にある十二指腸という部位は、指を12本ぶん横に並べた程度の長さの、小腸の一部です。十二指腸には、肝臓からのびている胆汁が通る胆管と、すい臓からのびるすい液を通すすい管とが交わり、それぞれの管を通って十二指腸へ流れ出ます。その2つの管が交わり、十二指腸内に顔を出した部分が乳首のように隆起しているため、十二指腸乳頭部というのです」(前出・早田医師、以下同)

 取れるなら『膵頭部十二指腸切除術』と呼ばれる手術で、すい臓の頭部を摘出するのが主流の治療法だ。

「ほかにも十二指腸、胆のう・胆管を摘出し、多くは胃の一部も切除します。切っただけでは飲食できないので、小腸をほかの臓器につないで再建します。吻合は3~4か所。消化液が出る臓器もあるため、手術は極めて難しく、一般的に7~8時間ほどの大手術となります」