同じようなお悩みを抱えている人はいますか?
『わたしが神さまから聞いたお金の話をしてもいいですか?』『神さまのお告げで教わった! 井内由佳のしあわせスパイラル』などの著書がベストセラーとなった井内由佳。そんな彼女は、1989年のある日、神さまのお告げが降りる。それ以降、神さまのお告げで教わった「幸せになるための考え方」を伝え続けているという。隔週で連載している『神さまの幸福論』では、井内先生に寄せられた人生相談と、その回答をお見せしていきたいと思います。今回は子育ての悩みについてです。

Q 井内由佳さんの本をほとんど読ませてもらっています。いろいろ勉強させてもらっています。だいぶ、考え方が変わってきたのではないかと思っています。

 相談は高1の三男のことです。3人の子育てをして、まさか3人目でこんなに心配しなくてはならないなんて、と思っています。三男は、志望していた高校の受験を突然辞めると言い始めて、次男が通っていた高校を受験しました。

 しかし、入学してまもなく、授業態度が原因で別室に移されることが増えて、みんなと同じ教室で講義を聞けなくなってしまい、学校を休むようになりました……。

 部活もサッカー部に仮入部しましたが、ダラダラしていたので私が「嫌なんじゃない?」と指摘したら、あっさり野球部に入りました。

 夏休みになると朝早くから、夜は帰宅が10時過ぎたりという毎日が続き、カラダが疲れ果てて、熱中症にかかって、それから、気力がなくなって……とうとう辞めてしまいました。

 結局、今の高校に入ったことを後悔してるようで、学校が面白くないと、変わりたいと言い始めてます。こんな状況なので、転校したとしても、次の高校でも同じようになると思うので、今のままがんばって欲しいのです。

 こういう場合、親である私の心がけ次第で子どもも変わってくるのでしようか? 何気に「こころ次第よ」と言っても、反発してきます。押しつけもいけないとは思いますが、つい、本で読んだことを言ってしまいます。どうしたら、いいのでしょうか。教えてください。よろしくお願いします。