現場は京都と滋賀の府県境の河川敷で緑が生い茂っていた

 10月5日、滋賀県大津市内の瀬田川で妻を川に沈めて殺害したとして、無職・田村義夫容疑者が逮捕された。近隣の住民は「どこに行くにも一緒で本当に仲のいい夫婦だったのに……」と驚きを隠せない。「心中目的だった」と話す田村容疑者。夫婦の間に何があったのか?

前途を悲観した妻から“一緒に死のう”と言われ…

 75歳の夫と74歳の妻が入水心中を図ったが、夫だけが生き残ってしまった─。

 殺人容疑で今月5日に逮捕されたのは田村義夫容疑者。

 滋賀県警大津署は、「現場の状況や供述に疑問があり、殺人の意図があったことは否定できないため殺人罪で逮捕をしたが、今後は慎重に捜査を進めていく」と方針を示す。

 事件は今月4日午後2時30分ごろ滋賀県大津市を流れる瀬田川の西岸で起きた。被害者は妻の田村美佐子さん。事件直前、9月21日から28日まで、美佐子さんは市内の病院に、精神疾患で入院していた。もう10年近く前から、その病気で悩んでいたという。

 捜査関係者の話では、

「退院して次の受け入れ先がなく、前途を悲観した妻から“一緒に死のう”と言われ、2人で入水自殺をしようとしてコンクリートブロック数個を妻の身体にくくりつけて沈めたようです。自分は死にきれなかったと、容疑者は供述しています」

「お母さんを殺した」

 現場周辺には住宅はなく、国道が走るだけ。道路わきの道を下りると、瀬田川の西岸に出ることができるが、30代の記者も足元がおぼつかなくなるほど傾斜は急勾配だ。ここを下りようという強い意思がなければ、70代の老夫婦が現場に行くことは難しい。

 一緒に入水した後、死にきれなかった容疑者だけが岸に上がり、妻のコンクリートブロックをはずし身体が流れないようにロープで木に結びつけて、その場を離れたという。

 容疑者は、河川敷の急斜面を上がり、国道で通行人に「お母さん(妻)を殺した」と告げた。

 110番通報を受けて駆けつけた警察官が発見したのは、川岸付近の土手の木にロープでつながれた美佐子さんだった。搬送された病院で、溺死が確認された。

 現場には、ガムテープと500ミリリットルのペットボトルのお茶とピンク色のコップ、酒のパック。別れの杯だったのか、酒の勢いを借りるためだったのか、容疑者は飲酒していたという。自宅には遺書が残されていた。

 2人は周囲に、仲のいい老夫婦と映っていた。容疑者については「温厚」「いい人」という形容が、数多く聞かれた。