『スニッファー 嗅覚捜査官』に出演中の阿部寛 撮影/廣瀬靖士

「別に何もしなくても、ただニオイを嗅いでいるだけで面白く成立するくらいキャラが濃いんですよ。それをどうやって演じようかと考えるのは楽しいし、52歳にもなってまだコミカルな演技を期待されるのはどうなんでしょう?」

 正統派の二枚目から、ローマ人やダメな父親など変わり種まで幅広い役柄を演じ分ける阿部寛。『スニッファー 嗅覚捜査官』(NHK総合 土曜10時~)では、特殊な重要犯罪を解決するため呼ばれるコンサルタントの華岡信一郎を熱演中。

 彼の武器は超人的な嗅覚。普段は鼻栓をしているが、現場に駆けつけると注射器型の特殊な器具を鼻に入れてそれをはずし、ニオイだけで犯人の年齢や性別などを判別。事件を解決していくのだ。

「ニオイを嗅ぐときにどのくらいの加減でやったらいいか悩みました。それで、ポスター撮影のときに、白目をむいてニオイを嗅ぐバージョンを撮ったら、それがいちばん人間味があったんです。1話の犯人を追い詰める場面では、捕まえるんだからそのくらいの勢いが必要と考え思いっ切りやりました。監督にはやりすぎたら好きにカットしてくださいってお願いしましたが、できあがりを見たら成立していた」

 個人的にニオイにまつわる思い出はありますか?

「古い畳のある家のニオイ。セットやロケで行くと、すごくホッとするのは何でなんだろうって思うんですよね。僕の実家も一軒家で畳だったけど、ちょっと違うし、今はマンションだから余計に懐かしく感じるというか。たぶん、小さいころにおばあちゃんの家に行ったりしたときの感覚というかニオイなのかな。小さいころ自然に身に沁みたものなんだと思います」

阿部寛、渾身の「鼻栓外し」の決めポーズ (c)NHK