石橋けい 撮影/森田晃博、ヘアメイク/大上あづさ

 オンエア中のSEIYUのCM「やっぱコスパ」に出ている“めぐみ(35歳)”を演じる美女は誰? と気になっている人は多いのでは。彼女の名は石橋けい。

 今年、話題を集めたドラマ『ゆとりですがなにか』に、松坂桃李演じる小学校教師を惑わすシングルマザー役で出演。東洋水産「マルちゃん 麺づくり」やKIRIN「のどごし〈生〉」のCMでも主婦役を演じるなど、テレビ露出が急激に増えている、注目女優のひとりである。

 10月25日から開催される東京国際映画祭の上映作品である山内ケンジ監督の『At the terrace テラスにて』で、石橋はセクシーなセレブ夫人役を演じている。豪邸でのパーティーを舞台に、屋敷の主人夫妻とゲスト7人の欲望と嫉妬がぶつかり合う、ユーモア満載で刺激的な群像劇だ。

――『At the terrace テラスにて』はSEIYUの普通の主婦役とは180度違う、かなり振り切った役ですね。

「そうですね。思いっきりやっちゃえ! って感じで。ずっと怒ってるか、ずっと誰かに欲情してるか、ずっと嫉妬してるか。感情がずっとぐるぐるして、常にテンションが上がっていましたね。

 普段、みんなどこかにそういう黒い部分をもってると思うんですけど、あえて見せないじゃないですが。それを思いっきり出し合っていくっていう。演じていてもすごく楽しいんですよね」

――石橋さんの谷間が露になった胸元も気になるところです。

「胸元は完全に自前ではないので。作りこんでますよ、相当。寄せて上げてます(笑)」

――『ゆとりですがなにか』のときのシングルマザー役も胸元に視線が行く演出で……。

「あれは見せようと思ったわけじゃなくて、カメラマンさんが必死に胸元を追いかけてくれただけで(笑)。こちらはあくまで普通にやってました。でも“ここにカバンを持つと胸元隠れちゃうなあ”とか冷静に考えてる自分はいて、計算はしてました。役柄が重いテーマを抱えていたので、やりすぎ注意でしたね」